ミノキシジルとフィナステリドの違いと効果と副作用のまとめ

ミノキシジルとフィナステリドの違いって!?

AGA治療や育毛剤を調べていると、
AGAの症状に効果がある成分の、
ミノキシジルと、フィナステリドについて、
もっと詳しく知りたくなるのではないでしょうか?

そんな方のために、
ミノキシジルとフィナステリドを、
どのように使ったら良いのか説明します。

目次

1、ミノキシジルの効果は?
2、ミノキシジルの副作用例
3、フィナステリドの効果は?
4、フィナステリドの副作用例
5、フィナステリドはプロペシアの成分名です。
6、海藻成分 M-034はミノキシジルの様効果がある!
7、ノコギリヤシはフィナステリドの様効果がある!
8、ミノキシジルとフィナステリドはAGAの病院で!
9、AGAの病院で受ける治療を手軽に試すのが育毛剤!

1、ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルはもともと血圧を正常にするための薬として使われていましたが、
その患者の副作用として発毛が認められてからAGAの治療に使われる様になりました。

高血圧の患者さんがミノキシジルを服用していたところ、体毛が濃くなったということで、薄毛治療に使われ出したというのがキッカケです。

ミノキシジルには血管拡張の効果があります。要するにミノキシジルを飲むと身体中に栄養を送る血液が循環する量が増えるので、体毛がどんどん生えてくるというメカニズムです。

ミノキシジルは半年ほどで効果が見込めますが、早い方だと1ヶ月ほどで効果が出てきます。

ミノキシジルの効果の要約!
ミノキシジルを飲むと、
血管拡張により血液の循環が良くなるので、
薄毛部分にも多くの栄養素が運ばれるようになり、
一ヶ月から半年で育毛効果がではじめる。 

 

2、ミノキシジルの副作用例

ミノキシジルは育毛効果が強いのですが、循環器系に直接作用する薬なので体への負担もそれなりに大きくなります。

例えば、血液の循環が良くなりすぎると、心臓だけでなく身体中の臓器にも負担がかかってくるということです。

肝臓が元々弱い方や、そもそも低血圧の方は飲み方を注意していただけると良いと思います。

その他、血圧に関する他の薬を飲んでいる方は、かならずドクターに相談してください。最近、個人輸入など流行っていますが、身の危険の心配がある方はAGAの病院で処方を受けるのが賢明です。

3、フィナステリドの効果は?

フィナステリドは前立腺肥大を防ぐ薬だったが、
副作用として抜け毛を抑える作用が認められたことから、
AGAの治療薬として使われる様になりました。

効果としては、
テストステロンという男性ホルモンが5α還元酵素と合わさると、
ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンを作り出します。

このジヒドロテストステロンが多くなりすぎると、
前立腺が肥大する病気になり尿道圧迫を起こしてしまいます。

フィナステリドは5α還元酵素を弱くするので、
前立腺肥大の原因となるジヒドロテストステロンを抑えることができるので、
フィナステリドが前立腺肥大を防ぐ薬として使われていたのです。

ジヒドロテストステロンは前立腺肥大を引き起こすだけでなく、
毛髪の司令塔の毛乳頭細胞(アンドロゲン受容体)に影響して、
ヘアサイクルを乱すことでAGAの症状を引き起こします。

フィナステリドがAGAの治療薬に使われるのは、
このヘアサイクルを乱すジヒドロテストロンを抑えることで、
AGAの症状を抑えることができるためです。

フィナステリドの効果はヘアサイクルに依存するので、
早くとも半年間は見た方が良いでしょう。

フィナステリドの効果の要約!
フィナステリドを飲むと、
ヘアサイクルを乱す、
ジヒドロテストステロンを作ってしまう、
5α還元酵素を弱くするので、
薄毛の治療薬として有効!!

4、フィナステリドの副作用例

フィナステリドで副作用の危険性があると言われているのが、

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 精子減少
  • うつ

です。

こちらはデータによっても違う結果が出てくるのですが、友人周りに聞いているところ、症状は実際にあると考えて使った方が無難ではあると思います。

例えば、不妊治療など夫婦で取り組まれている家庭は、フィナステリドの使用は避けた方が良い。と言っても良いと思います。

5、プロペシアは製品で、フィナステリドは成分です。

よく、フィナステリドとプロペシアの違いを聞かれるのですが、
違いは簡単で、

  • 製品名が、プロペシア
  • 成分名が、フィナステリド

です!

6、海藻成分 M-034はミノキシジルの様効果がある!

育毛剤に入っている海藻成分 M-034は、
血液の循環を良くして育毛するために配合されていますので、
ミノキシジルと同じような効果を狙った成分になります。

7、ノコギリヤシはフィナステリドの様効果がある!

育毛剤に入っている「ノコギリヤシ」は、
抜け毛をへらすためのフィナステリドと、
同じ効果を期待された成分になります。

8、育毛と抜け毛防止の二つの効果を活用する!

AGAの病院で処方される「ミノキシジル」と「フィナステリド」は、

  • ミノキシジルが育毛効果があり、
  • フィナステリドが抜け毛防止効果があります。

育毛剤もこの二つの効果を取り入れるために、
海藻成分 M-034とノコギリヤシを含んでいる。
と考えてください。

なので、育毛剤を使うのは、
AGAのミノキシジルとフィナステリドの副作用が、
かなり薄い薬と認められていない成分を自宅で試す。
という意味合いと考えていただけると良いと思います。

ハゲランドの育毛剤ランキングでは、
育毛剤に含まれている成分の分析も行なっていますので、

  • 育毛効果
  • 抜け毛防止効果

の二つの成分があるかどうかの確認もするようにしてください。

チャップアップについては、

  • 外用ローション
  • サプリメント

の両方を使用していただければ、
この二つの成分が含まれていますので、
ぜひ、お試しください。

9、ミノキシジルとフィナステリドはAGAの病院で!

育毛剤ではなく、直接、ミノキシジルとフィナステリドを試す。
という方は、AGAの病院で診察と処方を必ず受けるようにしてください。

このページで紹介しているように、
ミノキシジルとフィナステリドは、
元々、違う症状を抑えるための薬です。

言ってみれば、
育毛作用の方が副作用だったのです。

ですから、確かに育毛効果は強く認められますが、
その副作用の度合いや、服用の仕方の指示は、
ドクターの診察が必要だと考えてください。

10、AGAの病院で受ける治療を手軽に試すのが育毛剤!

繰り返しになりますが、

  • 育毛効果=ミノキシジル
  • 抜け毛防止効果=フィナステリド

まとめれば、こうなりますが、
これを簡単に自宅で試すとすると、

育毛効果 = ミノキシジル → M-034

抜け毛防止効果 = フィナステリド → ノコギリヤシ

ということになります。

AGAの病院に通うのが大変。
薬による治療はまだ見送りたい。
ちょっとした薄毛予防がしたい。

という方については、

M-034とノコギリヤシが含まれている育毛剤をご利用いただけると良いと思います。

ミノキシジルとフィナステリドの違いって!?