女性が薄毛になる原因16選と対策!

女性が薄毛になる原因16選!

女性の薄毛は男性のように頭皮が硬くなることで引き起こるのではなく、髪の毛全体が弱くなることで薄毛になってくるケースが一般的です。

今回は女性の薄毛の原因で考えられることを、調べられる限り挙げて整理しました。内容をチェックして対策を行なっていただければと思います。

4、女性が薄毛になる原因16選

女性特有の薄毛の原因目次
4−1. びまん性脱毛症
4−2. ダイエットによる薄毛
4−3. ヘアースタイルによる薄毛
4−4. パーマやカラーリングによる薄毛
4−5. 牽引性脱毛症
4−6. ストレスの蓄積による薄毛
4−7. 出産後(分娩後)の抜け毛による薄毛
4−8. 更年期性による薄毛
4−9. ピルと薄毛の原因
4−10. 女性男性型脱毛症(FAGA)
4−11. 前髪が薄毛になる原因
4−12. 生え際が薄毛になる原因
4−13. 分け目が薄毛になる原因
4−14. 前頭部が薄毛になる原因
4−15. 頭頂部が薄毛になる原因
4−16. つむじが薄毛になる原因
4−17. 女性におすすめの、薄毛対策!

SNSでも薄毛の原因には色々な話題が上がっています。

 

4−1. びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)

FAGA・女性男性型脱毛症

びまん性脱毛症は女性男性型脱毛症(FAGA)とも呼ばれています。
男性型脱毛症とは症状が異なり、全体的に髪の毛が抜けて薄くなります。

全体的に薄くなるため、生えぎわの後退はありません。
びまん性脱毛症の原因は主に以下といわれています。

  • 老化
  • ストレス
  • 極端なダイエット
  • 経口避妊薬(ピル)
  • 過度のヘアケア

びまん性脱毛症は40代以降の中年期に良く見られますが、老化以外の原因で20代の女性にも発症するといわれています。

特に近年は生活習慣の多様化とともに薄毛に悩む女性も増えてきています。

 

4−2. 過度のダイエットによる女性の薄毛

過度なダイエットによる女性の薄毛

ダイエットは女性にとって永遠のテーマと言っても過言ではないと思います。
毎年新しいダイエット方法が紹介され、ファッションのように流行しています。

どのダイエットにもメリット・デメリットがあり、
それをきちんと把握しないと思わぬところで薄毛の原因となることもあります。

例えば、食事制限を伴う過度なダイエットをすると、
髪の成長に不可欠な栄養分まで不足し、成長期の髪の毛を十分に育てることができなくなります。
その結果、ヘアーサイクル途中で脱毛してしまいます。

また、運動しない系のダイエットは、運動不足により血行不良を引き起こします。
その結果、今度は栄養を毛根に届けることができずに脱毛につながります。

このようにダイエットをするときは、栄養バランスのとれた食事をとりつつ、適度な運動を心がけるようにしましょう。

 

4−3. ヘアースタイルによる女性の薄毛

女性の髪型の分け目

え?髪型でも薄毛になるの?
と思われた人は多いのではないでしょうか。

実は髪型によっては、薄毛を進行させる原因となります。
症状がひどいときには牽引脱毛症という病気にもなります。

キーワードはズバリ!
“引っ張る”“同じ”です。

“引っ張る”というのは髪を強く引っ張る髪型のこと。
例えば、ポニーテールやお団子、エクステンションなどです。
髪を引っ張ることで頭皮に過度の負荷がかかっていまいます。
負荷が持続すると、脱毛が起こり薄毛が進行します。

次に”同じ”とは同じ髪型のこと。
例えば長期間ロングセンター分けの髪型をしていると、
センター分けの生えぎわに負荷がかかってきます。
やはり負荷が持続すると脱毛が起こります。

その対策として簡単な方法は、ヘアースタイルを定期的に変えることです。
ファッションによってヘアースタイルを変えるのもいいですし、イメージチェンジで変えるのもいいですね。

 

4−4. パーマやカラーリングによる女性の薄毛

女性がパーマやカラーリングをすることで薄毛になる件

美容のためにパーマやヘアカラーをするのは普通ですが、このパーマやヘアカラーが女性の薄毛の原因になっている可能性があります。

パーマもヘアカラーにも共通していることがあります。
それは、薬剤を髪に塗布するということです。

薬剤の効果促進のために照射器で赤外線を髪に当てることもあります。
問題となるのは、薬剤と頭皮の相性です。

髪から頭皮に流れた液剤は、直接頭皮に触れることになります。
人によっては、薬剤の成分が肌に合わないことがあるのです。

肌に合わない場合、炎症やかゆみ、痛みを引き起こす原因となります。
さらに悪化すると脱毛することもあります。

肌のパッチテスト(皮膚アレルギー試験)で自分に合わない成分を事前に把握しておくと、パーマやヘアカラーの時に中に含まれる成分をチェックすることができます。

 

4−5. 牽引性脱毛症

牽引性脱毛症

4−4. パーマやカラーリングによる薄毛でも説明しましたが、
強く”引っ張る”髪型を続けていると、生えぎわや分け目の頭皮に負荷がかかり髪が脱毛してしまいます。
時には髪が生えてこなくなることもあります。

この脱毛症状を牽引性脱毛症といいます。

これは年齢に関係なく、引っ張る期間によって発症し、早いと5~6年、遅い場合で10~20年引っ張ると脱毛するといわれています。

簡単な対策としては引っ張る髪型をやめること。
そうすれば、回復もしくは進行をとめることができます。

症状がひどいときには、自己診断せずに医療機関による専門家の診療を受けるようにしてください。

 

4−6. ストレスの蓄積による女性の薄毛

女性がストレスによって薄毛になるとか

ストレスは性別、年齢に関わらず誰しも大小抱えているものです。

男女ではストレスの感じ方に差が生じると言われています。

女性が日常生活にストレスを感じる一方、男性は仕事や人間関係でストレスを感じるそうです。

また、女性は周期的に生理による精神的ストレスを抱えます。
ストレスは蓄積していくと体調面での不調が出てくるだけでなく、外見的な変化も現れます。

脱毛もその一種で、症状が悪化すると円形脱毛症などの病気にまで発展することもあります。
定期的にストレスを解消しておくことは、薄毛対策のためにも大切です。

 

4−7. 出産後(分娩後)の抜け毛による女性の薄毛

出産による薄毛

出産をするとホルモンバランスが乱れ、体調不良に見舞われます。
体調が回復するまでにおよそ6~8週間はかかるといわれています。

また、産後はさらに赤ちゃんのお世話や睡眠不足などの生活リズムの変化で精神的ストレスをかかえ、
食欲の減衰で栄養バランスも崩れがちになります。

そうしたことが原因で、出産を経験した女性のおよそ7割が抜け毛に悩むといわれています。

ただし、これは一時的なものなので特に心配する必要はないものです。
子育てにも慣れ睡眠も取れるようになると、だんだんと生活リズムが安定し、ストレスも緩和されていきます。

きちんとした食事も取れるようになると栄養バランスも整います。
崩れたホルモンバランスも整い、自然と抜け毛も改善してくるはずです。

産後の抜け毛は誰にでもあることだと極端に気にせず、赤ちゃんとの生活に慣れることが抜け毛予防の第一歩と思いましょう。

 

4−8. 更年期性による女性の薄毛

女性の更年期が薄毛の原因になるのか

更年期とは閉経を挟んだ前後10年間の時期をいいます。
個人差はありますが一般的には45〜55歳に更年期を迎えるそうです。

女性は更年期に差し掛かると様々な体の変化が起こります。
更年期と女性ホルモンの一つであるエストロゲンは密接に関わっています。
エストロゲン女性らしさに関係するホルモンで、
女性らしい体を作ったり、妊娠の準備をしたり、自律神経を整えたりなど様々な作用があります。

髪にとっては、女性らしい綺麗な髪の育成や頭皮を健康に保つ作用があります。

エストロゲンは30代をピークに年齢とともに分泌量が低下します。

更年期を迎える頃には、閉経とともにエストロゲンが著しく減少します。
そうなると、頭皮も肌と同様に老化し、健康で丈夫な髪を育てることができなくなります。
結果、ヘアーサイクルが乱れ、髪が細く短くしか成長できず薄毛になるのです。

 

4−9. ピルと女性の薄毛の原因

ピルを飲むことで薄毛の原因を作るかもしれない。

女性は妊娠すると、出産しホルモンバランスが回復するまで排卵が自然に止まります。

ピル女性ホルモンを利用して、脳に擬似的な妊娠状態を錯覚させて排卵を止める薬です。
それにより、妊娠を防ぐことができます。

ピルの服用中は妊娠中と同じように女性ホルモンのバランスが取れている状態です。

ところが、ピルの服用を止めると脳は出産したと錯覚し、ホルモンバランスが乱れた状態になります。
すると産後の抜け毛と同じ症状が発症し、脱毛するようになります。

これはホルモンバランスが回復し、ヘアサイクルが整うまで続きます。
ただし、一概にどんなピルでも服用を止めれば薄毛になるわけでもありません。

どのようなピルを医師から処方されたかで、副作用にも個人差があります。
もし、ピルでの抜け毛が気になるようでしたら、事前に医師に相談してみてもいいかもしれません。

 

4−10. 女性男性型脱毛症(FAGA)

FAGA・女性男性型脱毛症

男性が少量の女性ホルモンを持つように、女性も少量の男性ホルモンを持ちます。

女性は年齢とともに女性ホルモンの分泌量が減ってくると、男性ホルモンの影響を受け、前額部や前頂部の毛髪が薄くなってくることがあります。

このように男性ホルモンに関係する女性の脱毛症を女性男性型脱毛症(Female Androgentic Alopecia、通称FAGA)と呼びます。

AGA(男性型脱毛症)と違い、FAGAは髪が抜け落ちて生えてこなくなるわけではありません。

FAGAの場合は髪は細く短くなりますが、薄毛の状態は保たれます。
更年期障害のように、加齢とともに出てくる自然な老化現象の一つです。

薄毛で悩むことで精神的ストレスによる負荷でさらに薄毛が促進されることもありますので、気になるようであれば医療機関による専門家に相談してもよいかもしれません。

 

女性の薄毛の原因
〜場所〜

4−11. 女性の前髪が薄毛になる原因

前髪が薄くなってきた女性の写真

前髪の薄毛を気になる方は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
額が広くなった気がする。
前髪のボリュームがなくなった。など。

一番多い原因といわれているのが「牽引性脱毛症」です。
髪を”強く引っ張る”ヘアースタイルを続けていると発症したりします。

髪を”強く引っ張る”状態を続けていると、頭皮や毛根に継続的に負担が掛かり、最終的には脱毛してしまいます。

前髪が薄くなる場合には、前髪をアップにするヘアースタイルを長く続けている可能性があります。
簡単な対処法としては、ヘアースタイルを変えてみることがよいでしょう。

 

4−12. 生え際が薄毛になる原因

生え際の薄毛が気になる女性ふつう、生え際と聞くと前髪を想像します。

何も前髪だけでなく、もみあげ、耳の後ろや襟足など髪と肌の境界を生え際といいます。
そして、生え際も薄毛になる可能性はあります。

「牽引性脱毛症」は髪を”強く引っ張る”ヘアースタイルを続けることで発症する脱毛症です。
“強く引っ張る”部分が前髪であれば、前髪の生え際が脱毛する可能性があります。

もみあげ、耳の後ろ、襟足どこであろうと”強く引っ張る”部分であれば同様に脱毛する可能性があります。

“強く引っ張る”状態を持続させなければ、頭皮や毛根のダメージも回復していきますので、
全部おろした状態にするなど定期的に生え際に優しい髪型にするのもいいでしょう。

 

4−13. 分け目が薄毛になる原因

女性の髪の毛の分け目が気になるロングヘアーの人にありがちですが、
分け目にクセがついてしまって、常に同じ分け目の方がいますね。

分け目から薄毛になっていく場合には、頭皮の同じ部分が常に外気にさらされていることが関係していると考えられます。

頭頂部は体で一番紫外線を受ける部分です。
髪は紫外線から頭皮を守っていますが、分け目のように頭皮出ている部分だけはそうはいきません。

分け目に紫外線を受けてもすぐに影響が出ることはありませんが、継続的に同じ部分に紫外線を受けることで頭皮にダメージが蓄積していきます。

また、髪に付着したゴミやチリなども分け目に露出している頭皮に溜まり、毛穴に汚れが詰まりやすいです。
頭皮へのダメージや毛穴の汚れが蓄積していくと脱毛の原因となってきます。

対処としては、分け目を意識的に変えていくことが大事になります。
センター分けの方であれば、少し分け目をずらす。

横分けの方であれば、反対側から分けてみる。
このように分け目を変えてあげることで、ダメージを受けた頭皮を休ませることができます。

 

4−14. 前頭部が薄毛になる原因

女性で前頭部”だけ”が薄毛になるケースは、あまり見受けられないようです。

というのも、女性の薄毛は全体的に薄くなる傾向があり、男性のように部分的に薄くなることはないためです。
前頭部に薄毛の進行が見られる前に、前髪の変化で薄毛に気づくのではないでしょうか。

女性の前髪の薄毛の原因に多いのが「牽引性脱毛症」という脱毛の病気です。
その他にも「円形脱毛症」、「抜毛症」などの病気ということもあります。

気になるな、と感じる方は放っておくとそれだけでストレスにもなります。
少しでも気になるようであれば、医療機関による専門家に相談してもよいかもしれません。

 

4−15. 頭頂部が薄毛になる原因

頭頂部は自分で普段見ることがないため、薄毛が進行しているときに見るとギョッとするほど髪が透けていることもあります。

女性の薄毛は男性のように脱毛ではなく、細くなる傾向にあります。

また、女性の薄毛は部分的に薄毛が進行するよりも、全体的に薄くなります。
頭頂部“だけ”が薄くなったな、と感じている方は、

実は全体的に薄毛が進行しているのに、頭頂部だけが薄くなっていると思違いをしているケースかもしれません。

頭頂部は髪の変化を反映しやすい部位です。
髪にハリやコシがなくなりボリュームが出なくなると、頭頂部はペタッとした印象になります。

女性の薄毛の原因は多くが加齢とともに減少する女性ホルモンに関係します。
FAGA(女性男性型脱毛症)という脱毛症もその一つです。
その他にも「牽引性脱毛症」「円形脱毛症」「抜毛症」などの脱毛の病気ということもあります。

どうしても気になるようであれば、医療機関による専門家に相談しましょう。

 

4−16. つむじが薄毛になる原因

女性のつむじが気になる薄毛の症状つむじは頭頂部でも頭皮が露出しやすい部分です。
頭皮で一番外からのダメージを受けやすい部分といっても過言ではありません。

まず紫外線からの影響を受けやすいです。
頭皮に紫外線を浴び続けると、日焼けなどを起こし育毛環境が悪化します。
日差しが強い日は帽子や日傘を使うといいでしょう。

次につむじには汚れが溜まりやすいので、きちんとケアしないと毛穴に汚れが詰まり脱毛の原因にもなります。
洗髪のときにはシャンプーやリンスが頭皮に残らないように、十分に洗い流しましょう。

また、ポニーテールなど、つむじを”強く引っ張り”ゴムで結ぶ髪型をすることもあると思いますが、
長く続けることで「牽引性脱毛症」が原因でつむじが脱毛することもあります。

これは定期的にヘアースタイルを変えることで対応できます。
このように、つむじは薄毛の原因となるダメージを受けやすい部分ですので、きちんと対策をとるようにしましょう。

 

4−17. 女性におすすめの、薄毛対策!

女性におすすめの薄毛の解決策

女性用の「育毛剤」で対策する

女性の薄毛対策で一番有力なのが「女性向け育毛剤」と言っても過言ではないでしょう。しかし、女性向け育毛剤にもたくさんの種類がありますので、選ぶのに労力が取られるのが難点です。

いくつか試してみて、自分の体質にあった育毛剤と出会えれば、その育毛剤を利用することで薄毛の進行を止めることができますし、そこからの育毛効果も期待できます。

どの育毛剤を使ったら良いのか?と考えている方に向けてハゲランドがおすすめする育毛剤を特集させていただきました。

↑ 女性のためのおすすめ育毛剤ランキング ↑

女性用の「育毛シャンプー」で対策する

女性用の育毛シャンプー女性の薄毛対策の中でも、髪の毛の「ハリ」と「ツヤ」が気になる方が利用するのが「育毛シャンプー」です。育毛剤を試す前に使う方や、育毛剤と併用して使う方が多いようです。

髪の毛の量を増やしたいという方は、育毛シャンプーよりも育毛剤、育毛サプリ、女性用のAGA専門病院での治療がおすすめになりますので、本格的に髪の毛の量を増やしたい方はそちらを試していただけると良いです。

繰り返しになってしまいますが、髪の毛の「ハリ」と「ツヤ」を強くしたい方は育毛シャンプーがおすすめになります。

女性用の「育毛サプリ」で対策する

女性用薄毛のサプリメント育毛サプリの原料はたんぱく質、必須アミノ酸のシスチン、ミネラルのケイ素、亜鉛など、髪の毛が生えてくるのに必要だと言われている栄養素で構成されています。日常生活でこれらの栄養素が十分に取れていない方には、育毛サプリはおすすめです。

逆に、バランスの良い食生活をしていてい、これらの栄養素はしっかりと取れている方にとっては、無理に育毛サプリによる薄毛対策をする必要はないとも言えます。

育毛剤だけだと薄毛対策の効果に不安を残す方が、育毛剤と合わせて育毛サプリを使うことが多い様です。育毛剤が育毛サプリと一緒に商品を用意していることも多いことも育毛サプリが人気の理由です。

女性専用のAGA専門病院で治療する

女性の薄毛対策の病院2012年あたりからぐっと広がって来たのが女性用のAGA専門病院での治療です。育毛剤、育毛サプリ、育毛シャンプーと女性用AGA専門病院での治療の大きな違いは、「薬」を処方してもらうかどうかです。

薬の処方や治療や診断は病院でないとできないので、その点が大きく違ってきます。

女性用のAGA専門病院でしてもらえることは、マイクロスコープによる薄毛カウンセリングから始まり、パントガール、パントスチンなどの内服薬の処方、ドラッグストアなどで購入できないレベルの高いサプリメントの処方などがあります。

ウィッグで対策する

ウィッグで対策する女性の薄毛50代以上の方に多いのがウィッグによる薄毛対策です。ケアなどが多少面倒にはなりますが、見栄えがすごくよくなり気持ちも明るくなると評判です

しかし、ご自分のスタイルに合わないウィッグを購入してしまうと、残念な思いをする方も少なくないらしく、どの会社のウィッグを購入するかは吟味する必要がありそうです。

 

薄毛の原因について他にも記事を書いています。

0、薄毛の原因TOP!
1、気がついて!薄毛の前兆8選!
2、対策が必要な薄毛の原因18選!
3、男性が薄毛になる原因22選!
4、女性が薄毛になる原因16選!
5、子供が薄毛になる原因4選!
6、薄毛の原因が知りたい!薄毛の原因の相談集!

女性が薄毛になる原因16選!