「HARG(ハーグ)療法」の 効果など、メリットとデメリットをまとめました。

「HARG(ハーグ)療法」の 効果など、メリットとデメリットをまとめました。

AGAの治療の種類を調べると「HARG(ハーグ)療法」という言葉を目にすると思います。
私もそうだったのですが、AGA治療とHARG(ハーグ)療法の違いが分かりにくく、理解するのに調査体力を使います。

そこで今回は、

  • HARG(ハーグ)療法とはどんな治療方法なのか?
  • AGA治療と何が違うのか?

について、分かりやすく説明する記事を作りました。

ぜひ、参考にしていただければと思います!

HARG療法の目次

HARG療法とは?
ーHARG療法の特徴
ー毛髪医療におけるHARG療法の位置付け
ーHARG療法の開発者ってどんな人?
ーHARG療法はいつからはじまったのか?
HARG療法のメリット
ーHARG療法って効果あるの?
ーHARG療法の持続力はどの程度なの?
HARG療法のデメリット
ーHARG療法の料金は高い?
ーHARG療法の副作用はあるの?
HARG療法のまとめ

HARG療法とは?

HARG療法とは

HARG療法は薄毛を根本的に解決できる唯一の再生医療です。

HARG療法は、「成長因子」を含むタンパクを直接頭皮に注入して発毛機能を蘇らせる再生医療です。「幹細胞」が強力に刺激されて活性化し、自らが「成長因子」を分泌し続けるため、発毛が継続します。

年齢や性別を問わず、あらゆる薄毛に効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療がHARG療法です。

他の薄毛治療では、抜ける本数を減らす事で全体の毛量を維持する方法や、頭皮環境を改善して育毛・発毛を促すなどの方法等がありますが、治療を止めてしまうと発毛効果も止まります。

HARG療法の特徴

HARG療法の特徴

HARG療法なら治療が終わっても発毛が続く!ということです。

毛髪の「成長因子」を生み出す自身の細胞を蘇らせることによって、根本的に薄毛を治すHARG療法は、治療の継続が前提となる他の薄毛治療を受けてきた方も、薄毛を「治す」最後の手段として選んでいる治療です。

毛髪医療におけるHARG療法の位置付け

「他の育毛サービスで結果が出なかった」という人も数多くいます。女性・男性・年齢問わず受けられます。

HARG療法比較表

HARG療法の開発者ってどんな人?

HARG療法開発者

HARG療法は、これまでの毛髪治療とはまったく異なる発想から生まれた毛髪再生医療で、現在200以上のクリニックに導入されている。

その開発者であり、HARG治療センターの院長を務めるのが福岡大太朗博士です。クリニックでは薄毛治療を行う傍ら、研究者としてさらにレベルの高い毛髪医療を生み出している、再生医療認定医でもあるとのこと。

HARG療法の開発に至るまで

福岡先生は元々、一般的な薄毛治療を行っていましたが、治療効果に個人差が出ることに課題を感じていました。

街を歩いていると、薄毛を隠すためのカツラやウィッグを付けている人に目が留まり、その苦労や悩みが解決したらどんなに気が楽になるだろうと思っていたそうです。

開発には業界の常識を覆す発想があった

先生はあるとき脂肪幹細胞に含まれる「成長因子」に着目しました。当時、脂肪幹細胞から毛髪が作られるとは考えられていませんでした。この「成長因子」を注入することで毛髪が再生されることが分かりました。「再生医療」と呼ばれるのは発毛を細胞レベルで治療しているからなのです。

理想の薄毛治療を目指して、「診療」と「研究」を繰り返す日々

先生は、医師としての立場もあります。診療が終われば、論文の執筆、学会での発表の準備、海外への出張など、研究を続けることは簡単なことではありません。しかし、患者さんと直接関わることを軽視しません。「研究と現場経験は交互に関係している」と言われます。

目標は「薄毛の人がカツラを必要としない、髪が増え自分に自信が持てるようになること」とのこと。
先生の熱き思いによって、HARG療法が誕生したのですね。これからの発展にも期待です!

HARG療法はいつからはじまったのか?

HARG療法はいつから始まった?
2008年、「日本医療毛髪再生研究会(会長:福岡大太朗 医学博士)」が組織され、独自のトレーニングを終了した国内限定の指定クリニックにおいてのみHARG(ハーグ)療法が承認されています。
2018年現在、200を超える施設が認定をうけ、北海道から沖縄まで全国で治療を受けることができます。

HARG療法のメリット

HARG療法のメリット
最新の再生医療であるHARG療法のメリットをご紹介していきます。

HARG療法って効果あるの?

HARG療法には大きく分けて2つの効果があります。

★HARG療法の最大の特徴である、幹細胞抽出AAPEによる細胞の活性効果です。
AAPEに含まれる成長因子による効果と、AAPEが注入部位の毛包幹細胞を刺激することで生まれる効果。この二段階の効果により、長く発毛効果が持続します。

簡単に説明すると、注入した「成長因子」の効果だけではなく、活性化した細胞自らも「成長因子」を生み出し、発毛を促すことで効果が持続します。

★HARG療法のふたつめの効果、それが生えた毛を丈夫な太い毛に育てる育毛効果です。
成長期の毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことにより、毛髪は大きく成長します。そのためには、毛母細胞に栄養が十分に供給されなくてはなりません。
HARG療法で注入されるHARGカクテルは、多数の育毛成分を含み、栄養面から育毛をサポートします。

◇【幹細胞から抽出したAAPE】+【厳選した育毛成分】=強力に発毛・育毛を促進!

HARG療法の持続力はどの程度なの?

HARG療法の持続力
HARG療法で発毛、育毛効果はどのくらい続くのでしょうか。
HARG療法は治療後すぐに薄毛が隠せるようになるわけではないため、植毛やカツラ、人工毛の増毛などに比べると、即効性がないように思われがちですが、発毛効果が見られるまではそう長くはありません。

治療は6回で1クール。三週間から1ヶ月おきの治療ですので、ほとんどの方は半年前後までの間に発毛がはじまり、半年から1年程度で増毛の成果がでています。

HARG療法のデメリット

HARG療法のデメリット
これまで、治療の効果を紹介してきましたが中には、金銭面や症状の進行具合で断念した方も多いのではないでしょうか?

HARG療法の料金は高い?


薄毛治療は、治療期間が中長期にわたる場合や効果を継続するために治療の継続が必要な方法が多くあり、一見安く見える治療法でも、トータルで見ると費用がかさんでしまう場合があります。

HARG治療は発毛効果が持続できることで、ほかの治療法と比べて安く費用を抑えることができます。
HARG療法の料金比較
引用:HARG治療センター http://www.harg.org/charge
※この表はHARG治療センターの表を使わせていただいております。

HARG療法の副作用はあるの?

HARG療法の副作用
現在のところ、副作用はほぼありません。
安全性と効果を十分に保つため、日本医療毛髪再生研究会が認定証を発行した医院のみが施術を行なう事が可能となっています。

HARG療法のまとめ

  • HARG療法は薄毛を根本的に解決できる唯一の再生医療である。
  • 症状や性別問わず、施術を受けることができる。
  • 治療はワンクール6回(半年)が基本。発毛効果が持続するため通院は年1、2回ですむ。
  • 副作用がなく、研究の発展に伴い、より効果の高い治療が受けることができる。
「HARG(ハーグ)療法」の 効果など、メリットとデメリットをまとめました。