頭がかゆいのはどうして!?かゆみの原因と頭皮に優しいシャンプーまとめ

頭皮 かゆみ

「頭がかゆくて、気付くとついつい掻いてしまう…」

誰しも、生活のなかで多少の”頭のかゆみ”は感じるものですが、頻繁に強いかゆみを感じて頭皮を掻きむしってしまうようなら要注意

頭がかゆい

それは、放置してはいけない「頭皮トラブル」のサインかもしれません。

頭がかゆくなる原因は、皮脂や乾燥、皮膚炎など実に様々。
なかには、毎日のシャンプーによってアレルギーを起こしているケースもあるのです。

そこで今回は、頭がかゆくなる原因と、頭皮に優しいおすすめシャンプーをご紹介します。
頭皮のかゆみにお悩みの方は、しっかりチェックしてくださいね!

もくじ

1)「頭がかゆい!」頭皮のかゆみの主な原因とは?
2)頭皮のかゆみは、こんな症状を引き起こすこともあります!
3)頭皮のかゆみを改善するポイント
4)頭がかゆいときは試してみて!頭皮のかゆみにおすすめのシャンプー

 

「頭がかゆい!」頭皮のかゆみの主な原因とは?

頭皮のかゆみには、様々な原因があります。
ご自身の頭皮環境に当てはまるものがあるか、確認してみましょう。

頭皮のかゆみの原因

頭皮がカサカサしてかゆい…「頭皮の乾燥」

頭皮は、様々な原因によって乾燥しやすいデリケートな場所。
シャンプーのしすぎや気候、日焼け、エアコンの風などによって乾燥した頭皮は、かゆみを引き起こす場合もあります。

皮膚には刺激や細菌などをブロックする「バリア機能」というものが備わっているのですが、頭皮が乾燥するとこのバリア機能が低下してしまい、外部からの些細な刺激にも反応して、かゆみを感じるようになってしまうのです。

頭皮の悩み

かゆいからといって頭皮を掻くと、「ヒスタミン」という物質が出てさらにかゆみを感じるようになってしまいますし、バリア機能もますます破壊されてしまいますので、爪を立てて頭を掻きむしるのはやめましょう。

ヘアケア製品やシャンプーなどがかゆみを招く…「頭皮のアレルギー」

毎日何気なく使っているシャンプーやリンスが実は頭皮に合っておらず、アレルギーによってかゆみを感じているというケースもあります。

洗い流したシャンプーなどが触れる襟足や首筋にも赤み・かゆみが出るという人は、アレルギーの可能性が高いかもしれません。

シャンプー

また、ヘアカラーが原因で頭皮のかゆみを感じる人もいます。
ずっと髪の色を明るくしている人はなかなか気付かないかもしれませんが、「ヘアカラーをやめて染めていた部分をすべて切ったら、アレルギー症状がなくなった」という例も報告されているそうです。

ベタベタ頭皮がかゆい…「汗や皮脂」

乾燥はかゆみの原因になってしまいますが、だからといって洗わずに汗や皮脂でベタついている状態も、それはそれで頭皮にとって良くありません。
皮脂は酸化することで頭皮に刺激を与えますし、過剰な汗も頭皮への刺激になり、かゆみに繋がります。

汗や皮脂

皮脂が過剰になると、皮脂を好む「マラセチア菌」という菌が繁殖し、かゆみを引き起こしたり、ひどい場合は頭皮の炎症を起こしてしまうことも。

皮脂は毛穴の詰まりの原因にもなりますので、頭皮がベタつきやすい人は洗いすぎない程度(1日1回)に洗髪を心がけましょう。

頭皮の病気がかゆみの原因かも…「頭皮湿疹や皮膚炎」

先ほど、皮脂によって頭皮に炎症が起こることがあるとお話しましたが、重症の場合には、「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という皮膚炎を発症する場合もあります。

脂漏性皮膚炎は、頭皮や顔、脇の下などの皮脂にマラセチア菌が繁殖し、湿疹が出る病気です。
かゆみ、赤み、大量のフケなどの症状が現れ、自然に完治することはまずないため、皮膚科を受診する必要があります。

皮膚科受診

他にも、頭皮の乾燥が原因の「皮脂欠乏性湿疹」や、外的要因に対するアレルギー反応として発症する「接触性皮膚炎」など、頭皮の病気は数々存在します。

急なかゆみやフケなどが発生した場合は、放置して症状が悪化してしまう前に、まず皮膚科を受診してみるのが良いかもしれませんね。

日々の生活は頭皮のかゆみにも影響を及ぼす…「ストレス」

精神的なストレスで肌荒れを起こすというのはよく聞く話ですが、それは頭皮も同じことです。
ストレスはホルモンバランスを崩す原因となりますし、頭皮の皮脂や汗のバランスを崩して過剰に分泌させてしまうこともあります。

また、睡眠不足や栄養不足といった、身体的なストレスも頭皮環境の悪化に繋がります
睡眠は肌の成長ホルモンを作るのに欠かせませんし、栄養バランスの偏りは新陳代謝や血行を悪くして頭皮の乾燥を引き起こしてしまうのです。

頭皮環境の悪化

頭皮だけでなく、健康な体は毎日の生活の積み重ねによって作られます。
頭皮のかゆみは、自分でも気付かない内に溜まっていたストレスによる、SOSサインかもしれません。

頭皮のかゆみは、こんな症状を引き起こすこともあります!

頭皮環境が悪化すると、かゆみだけでなく様々な症状を引き起こすこともあります。
ここからは、頭皮のかゆみと共に起こりやすい症状について確認していきましょう。

頭皮のかゆみと同時に大量の「フケ」が出る人も

頭皮のかゆみを感じる人のなかには、肩に白く積もるほどの「フケ」に悩まされている人もいます。
これは、乾燥が原因で頭皮にかゆみを感じている人に多いケースです。

フケとは、頭皮の角質や老廃物のこと。
頭皮が乾燥するとこの角質や老廃物が必要以上に剥がれてしまい、ボロボロと大量に落ちてきてしまうのです。

頭皮のフケ

頭皮を守っている角質まで剥がれてしまうと頭皮は敏感になり、かゆみを感じてしまうことにも繋がります。

また、先ほどお伝えした脂漏性皮膚炎も、フケが大量に発生する場合があります。
脂漏性皮膚炎の場合は大きな塊のようなフケや頭皮の強い臭いなどが発生することもあるので、注意深く観察するようにしましょう。

頭がかゆいと薄毛に繋がる!?

頭皮のかゆみそのものが直接薄毛に繋がるわけではありませんが、かゆみを伴う頭皮の皮膚炎や乾燥を放置することによって、薄毛に繋がる可能性はあります。

薄毛の悩み

乾燥によるフケが毛穴に詰まった状態や、湿疹などができている状態は、ヘアサイクルの乱れに繋がるため放置してはいけません。

また、強いかゆみを感じて頭皮を掻きむしりすぎると、毛根ごと髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。
頭皮にダメージを与えないためにも、根本的にかゆみを解決するように努めましょう。

頭皮のかゆみを改善するポイント

ここからは、頭皮のかゆみを改善するためのいくつかのポイントをご紹介します。
これまで頭皮ケアを意識したことがないという人も、予防のためにチェックしてみましょう。

頭がかゆいときは睡眠や食事など生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは頭皮環境の悪化にも繋がりますので、まずはできる限り規則正しい生活を送るようにしましょう。

人の成長ホルモンは睡眠時に活発に分泌されますので、睡眠が足りていないと頭皮の生まれ変わりもうまくいかず、かゆみなどのトラブルが発生しやすくなります。

また、糖分や脂質の多い食事は皮脂の分泌量を増やすため、頭皮のベタつきやかゆみの原因となりますし、ビタミン不足や栄養の偏りは乾燥や新陳代謝の滞りを招きます。

一般的に、肌の再生にはビタミンB2(レバー、卵、納豆など)、皮脂の調整や新陳代謝にはビタミンB6(カツオ、マグロ、レバーなど)が効果的だと言われていますので、バランスよく食べるようにしてみましょう。

頭皮に良い食事

かゆみを抑えるために、頭皮を乾燥させない

頭皮の乾燥は、かゆみやフケの原因となりやすく、また頭皮を乾燥させる要因は日常のなかに多く潜んでいます。

まず、1日に何度もシャンプーをしているという人は、皮脂を洗い流しすぎて頭皮が乾燥している可能性があります。
さらに気候や風、紫外線、エアコンといった要因も、乾燥を招くことがあります。

心当たりのある方は、シャンプーの回数を減らす、帽子などで頭を保護する、エアコンの直風を浴びないといった対策をしてみましょう。

頭皮の乾燥対策

頭がかゆいときはシャンプーの種類や方法に気を付ける

先ほどシャンプーのしすぎが乾燥を招くとお伝えしましたが、そもそもシャンプーそのものが頭皮に合っておらず、かゆみの原因になっていることもあります。

かゆみの原因になるシャンプー

シャンプーには基本的に「界面活性剤」という洗浄成分が配合されており、これが皮脂や汚れなどを落してくれるのですが、この洗浄成分が強いと頭皮への刺激になってしまうこともあります。
一般的に「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」などが配合されたシャンプーは、洗浄力が高いと言われるものです。

こうした刺激で頭皮が弱っている可能性がある方は、洗浄力が強すぎない「アミノ酸系シャンプー」や「石けんシャンプー」を使ってみるのも良いでしょう。

また、シャンプーやリンスはすすぎ残しがないよう必ずしっかりと洗い流し、シャワーの温度は熱くしすぎないように気を付けてください。

頭皮にダメージを与えないために、爪を立てて洗うのも避けましょう。
シャンプーを手のひらで泡立ててから頭に乗せると、優しく洗うことができます。

頭皮に優しいシャンプー

頭がかゆいときは試してみて!頭皮のかゆみにおすすめのシャンプー

ここからは、頭皮がかゆい方におすすめのシャンプーをご紹介します。
それぞれの特徴をしっかりチェックして、ご自身に合ったシャンプーを使ってみましょう!

頭皮のかゆみにおすすめのシャンプー:KADASON(カダソン) 薬用スカルプシャンプー

KADASON(カダソン)の薬用スカルプシャンプは、「脂漏性皮膚炎」「脂性肌」「フケやかゆみ」といった症状に悩まされている方におすすめ。

KADASON(カダソン) 薬用スカルプシャンプー

皮膚科専門医が監修しており、かゆみの原因になりやすい石油系界面活性剤や添加物は不使用
99%天然成分でできている、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーです。

頭皮のヒリヒリとしたかゆみを抑える抗炎症成分「グリチルリチン酸2K」や、頭皮の荒れを防ぐ抗菌成分「サリチル酸」も配合。
これらの成分が、脂漏性皮膚炎や脂性肌からくる深刻なフケやかゆみを抑えてくれると評判です。

天然成分でできているシャンプーだから、洗髪だけでなくそのまま洗顔に使ってもOK
脂漏性皮膚炎は顔に症状が出る場合もあるため、適した洗顔料が無いとお悩みの方にもおすすめです。

頭皮のかゆみにおすすめのシャンプー:ZIGEN(ジゲン) 純石けんシャンプー

ZIGEN(ジゲン)の 純石けんシャンプーは、合成界面活性剤や合成着色料、シリコンなどを一切使用せずに作られた石けんシャンプー。
一般的に多く市販されている合成界面活性剤入りのシャンプーでは、刺激が強すぎて頭皮が荒れてしまう…という方におすすめです。

ZIGEN(ジゲン)の石けんシャンプー

ZIGEN(ジゲン)の石けんシャンプーの大きな魅力は、頭皮への優しさを持ちながらも、高い洗浄力があること。
キメ細かく泡立ち、気になる頭皮の皮脂や汚れ、臭いをごっそり落としてくれます。

キシみやパサつきを抑える「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」や、頭皮トラブルのケアが期待できる「ビワ葉エキス」などによって、髪や頭皮の潤いもしっかりキープ。

さらに低刺激処方の石けんシャンプーだから、頭だけでなく体もこのシャンプー1本で洗うことができます
メントール配合の爽やかな使用感なので、「肌への優しさは欲しいけど、全身をスッキリ洗いたい」という方にもおすすめです。

頭皮のかゆみにおすすめのシャンプー:ドットエヌ オーガニックシャンプー

日本で初めて、「コスモス基準」というオーガニックの世界基準の認証を取得した、ドットエヌのオーガニックシャンプー
オーガニック業界のパイオニアが生み出したこのシャンプーは毛髪診断士も監修しており、頭皮に優しいと女性誌・SNSなどでも話題です。

ドットエヌのオーガニックシャンプー

ドットエヌのオーガニックシャンプーは、油系界面活性剤や合成防腐剤、人工香料、シリコンなどを使用せず、98%が天然由来成分でできているため、デリケートな肌質の方でも頭皮をかゆみやフケが出にくい状態へ導くことができます。

また、ドットエヌはシャンプーだけでなくトリートメントもオーガニックのノンシリコン処方
髪にたっぷり付けてヘアパックしたり、頭皮をマッサージしたりと、安心してヘアケアに使用することができます。

国産の桜の花やハーブ、茶葉など、自然の力で頭皮や髪を美しく健康に保つことができる、こだわりのオーガニックシャンプーです。

まとめ

何気なく放置してしまいがちな頭皮のかゆみですが、それは時に、アレルギーや皮膚炎などの重要なサインである場合もあります。

まずは自分の頭皮がどのような状態なのかをしっかり把握し、シャンプーや日頃のケア、生活習慣などに問題がないか見直してみましょう。

かゆみが強い場合やフケが多い場合、湿疹がある場合などは皮膚炎の可能性もありますので、皮膚科の受診も検討してみてくださいね。

頭皮 かゆみ