男性が薄毛になる原因22選!

男性が薄毛になる原因22選のアイキャッチ画像

男性が薄毛になる原因22選!!

ここでは、男性が薄毛になる原因についてあますことなく説明していきたいと思います。

WEB検索、図書館にある書籍の研究、ドクターへのインタビューなどから、男性の薄毛には22個の原因があることが分かって来ました。

まずは、目次をご覧ください!

3-0、男性特有の薄毛の原因の目次

男性の薄毛の原因あるある

3−1. 男性型脱毛症(AGA)
3−2. 男性ホルモンによる薄毛
3−3. 仕事などのストレスによる薄毛
3−4. 乱れた食生活による薄毛
3−5. 乱れた生活サイクルによる薄毛
3−6. 仕事を頑張りすぎて薄毛になる
3−7. 全く運動していないことによる薄毛
3−8. 過度の飲酒(アルコール)による薄毛
3−9. 不適切なヘアケアによる薄毛
3−10. 紫外線による薄毛や抜け毛
3−11. 冷え性による薄毛
3−12. 喫煙による薄毛
3−13. 薄毛を気にしすぎる心労による薄毛
3−14. 焦ってシャンプーしすぎることでの薄毛
3−15. 前頭部が薄毛になる原因
3−16. 後頭部が薄毛になる原因
3−17. 側頭部が薄毛になる原因
3−18. 頭頂部が薄毛になる原因
3−19. もみあげが薄毛になる原因
3−20. M字型薄毛になる原因
3−21. O字型薄毛になる原因
3−22. U字型薄毛になる原因
3−23. おすすめの「男性の薄毛の原因」の対策方法

twitterでも「男性の薄毛の原因」について盛り上がっています。

 

3−1. 男性型脱毛症(AGA)

AGAによる薄毛が男性の薄毛の原因か!?

薄毛を気にした方なら誰しも聞いたことのある男性型脱毛症(Androgentic Alopecia、略称AGA)。
どういう状態のことを言うのか、いまいち分からない人も多いのではないでしょうか。

実はAGAは「毛が抜けて毛の数が少なくなる状態」ではなく、
「太く長い毛が細く短い毛に置き換わる状態」のことを言います。

「毛が抜けて毛の数が少なくなる状態」の代表例は円形脱毛症です。
円形脱毛症の人がAGA用のヘアケアを行っても、きっと効果は薄いでしょう。

このように自分の薄毛の状態を大まかにでも把握できると、その後の対処もし易くなります。
自分の薄毛の状態が何なのか、きちんと確認してみましょう。

 

3−2. 男性ホルモンによる薄毛

男性ホルモンが薄毛の原因か?

男性ホルモンに関する説はいろいろありますね。

  • 筋トレすると男性ホルモンが増える
  • 性欲が強いと男性ホルモンが多い
  • 体毛は濃い人ほど男性ホルモンが多い
  • 男性ホルモンが多い人ほど薄毛になりやすい

実は上に書いたどの説も信憑性は薄いのです。

薄毛を気にする男性にありがちなのは男性ホルモンの影響を疑うこと。

過度に男性ホルモンを恐れてしまい、男性ホルモンが増やさないように、
筋トレしないようにするとか、性的欲求を抑えるなどに走りがちです。

このような対応は精神的ストレスを増やし、逆に薄毛になることもあります。

実は男性ホルモンが薄毛を進行させるのではなく、男性ホルモンが変化することによって薄毛が進行するのです。
なので、男性ホルモンが増えようとも変化さえしなければ薄毛を進行させる原因にはならないのです。

 

3−3. 仕事などのストレスによる薄毛

ストレスによる薄毛の原因が男性にはある?

人が生きている限り、大小あれども常にストレスにさらされます。

例えば仕事のストレスをあげると締め切りが近い、売り上げが悪い、ノルマが達成できない、上司や同僚との人間関係、ミスしてしまったなど。
ストレスの原因を数えればいくらでも出てきます。

ストレスがかかる環境に置かれていると、不思議なもの次第に慣れてきますが、
無意識にでも身体はだんだんと悲鳴をあげてきます。

症状は個人差もあり人それぞれですが、不眠症、偏食、胃痛、肩こり、偏頭痛、うつなどがあります。
その中に薄毛もあります。
薄毛も身体の変化のサインです。

その原因として自分がストレスを抱えすぎていないか、疑ってみることも大切です。

 

3−4. 乱れた食生活が薄毛の原因になることがある?

食事を気をつけると髪の毛は生えてくるのか?

忙しいときについつい行っちゃう外食。
特に一人暮らしや単身赴任中ですと、自分一人ですし自炊するよりは外食で済ます方がとても楽。
当然そうなりますね。

ただ、薄毛を気にしている人は少し外食を気にした方がよいかもしれません。
というのも外食の食事には食品添加物、塩分、糖分、脂質が多く、体に必要な栄養バランスが偏りがちです。

栄養バランスが崩れた食事を続けると、体の不調の原因となるだけでなく、見た目の変化もでてきます。
肥満もそうですが、ズバリ!薄毛もその変化の一つです。

髪を育成するにも栄養が必要になります。
栄養バランスが崩れていると髪に必要な栄養も不足しますので、髪も十分に育てることができません。

結果、髪が細く短いままに抜け落ち、薄毛の原因となってしまうのです。

 

3−5. 乱れた生活サイクルによる薄毛

対策が必要な薄毛の原因

髪のもっとも伸びやすい時間帯って知ってますか?
実は午後10時から午前2時頃とされています。

この時間帯に起きていると髪の成長が邪魔され、十分に髪が成長できなくなってしまいます。

というのも、日中の体のダメージは睡眠中に回復されています。
睡眠中は頭皮も紫外線やチリなどで受けたダメージを回復させるととともに、髪の毛を成長させています。

ですので、深夜までの残業が続いたり、深夜にアルバイトのシフトが入っている人は、
薄毛に注意した方がよいかもしれません。

なるべく、午後10時から午前2時の間は、睡眠をきちんと取ること(もちろん8時間睡眠が理想ですよ!)で心身のリフレッシュだけでなく、髪の育成にも貢献できます。
まさに一石三鳥!

3−6. 仕事を頑張りすぎて薄毛になる

仕事を頑張る時期というのは誰しも経験あることだと思います。
特に20代や30代というのは体力もありますし、多少無理をしても何とかなる年代。

ついつい無理は承知で頑張りすぎることもあるのではないでしょうか。

それは決していけないことではないですが、薄毛への影響を考えると、後悔先に立たずな状況になることもあります。

例えば、徹夜作業による睡眠不足。
食事する時間ももったいないので、ファーストフードやコンビニ弁当ですます。

運動する時間といえば、通勤時の歩行と駅の階段の昇り降りくらい。
休日はもちろん、定時帰りできず、家族や友人、恋人と過ごす時間もない。

自分の時間がもてない。

毎日が自宅と職場の往復で終わる。

あなたはいくつ当てはまりますか?

実はこれらの一つ一つが薄毛のリスクと関わっています。
頑張る対価として薄毛のリスクもあることを理解しておくと、頑張り方も変わってくるかもしれません。
ぜひ頭に入れておいてください。

 

3−7. 全く運動していないことによる薄毛

運動をしないから薄毛になる?

人は運動しなくなると、体に大きな変化がでてきます。

まず太ります。太ってくると顔や肌が油っぽくなってきます。
もちろん頭皮も肌ですので、油分が多くなり髪がペタつきます。

次に体内にも変化がでてきます。
体内脂肪が増え、血液の中にも脂質が多くなります。
いわゆるドロドロ血液ですね。

こうなると体の隅々に栄養分がと届けにくくなるだけでなく、心筋高速や脳卒中のリスクも高まります。
そして、髪のベタつきと頭皮の栄養分不足で薄毛が進行してしまうことになります。

まさに運動しないことは百害あって一利なしですね。

 

3−8. 過度の飲酒(アルコール)による薄毛

アルコールと薄毛の関係はいかに?

お酒百薬の長ということわざがあるように、
お酒はたしなむ程度であれば、血液の脂質代謝を改善します。

しかし、何事も限度があり、やはりアルコールを飲みすぎると体に良くありません。

飲みすぎってどのくらいからでしょうか?
例えば毎日ビール缶2本を飲み続けると、高血圧症になりやすくなります。
そうなんです。
人が感じる量よりもずっと少ない量でも飲みすぎの範囲になってしまうのです。

アルコールは糖質を多く含んでいますので、体内の脂肪が増えることにもなります。
過度の飲酒はやはり薄毛にも影響は出てしまいます。

栄養分がアルコールの分解に優先的に使われてしまい、髪の成長に必要な栄養分が不足してしまうのです。
また、体内の脂質が増えると頭皮の皮脂の分泌量も増え、髪の育毛環境にも悪影響が出ます。

やはり飲みすぎは体だけでなく髪にも良くないということですね。
節度を持ってアルコールを楽しむことは、健康な髪の育成にもつながります。

 

3−9. 不適切なヘアケアによる薄毛

ヘアケア剤にはとてもいろんな種類がありますね。
ヘアケアでGoogle検索してみてみると約72,600,000件!

薄毛を気にしている人であれば、薄毛に対処するヘアケア剤を探すことでしょう。
ヘアケア 薄毛で検索してみても約10,4000,000件!!

この中から自分に合うヘアケア剤を見つけることは至難の技とも言えます。

ヘアケア剤はきちんと自分の体質に合うものでないと逆に薄毛の進行を促してしまう可能性があるのです。

それは、ヘアケア剤が毛髪や頭皮に直接塗布するものだからです。
いくら天然由来成分であっても、その人個人に合う合わないがあります。

もし合わない成分が含まれていた場合、頭皮の炎症やかゆみ、かぶれの原因となってしまいます。

それに気づかないまま使い続けてしまうと、症状をさらに悪化させます。
事前に皮膚のパッチテストを行うなどして、自分に合わない成分を把握しておくことが大切でしょう。

 

3−10. 紫外線による薄毛や抜け毛

紫外線対策をすると薄毛は改善されるのか?

紫外線は肌によくないという漠然としたイメージを持っているにではないでしょうか。

確かに紫外線は浴び続けると日焼けや、肌の老化、眼への悪影響が起こります。
もちろん、頭皮にも影響が出ます。
頭は体の中でも一番高い位置にあります。
そのため、一番紫外線の影響を受ける部分でもあるのです。

頭皮に紫外線を過度に浴び続けると、頭皮の日焼けによる炎症や髪自体にダメージを与えます。

しかし、良い面もあり、皮膚に紫外線を浴びることで骨に形成に必要なビタミンD3をつくってくれます。

1日に夏場であれば木陰で30分、冬場であっても直日で1時間程度で十分と言われています。

これ以上の紫外線には対策をしないとデメリットの部分を受けてしまいます。
薄毛が気になる人であれば、帽子をかぶるなどして直接頭皮に紫外線を浴びないようにすることを心がけましょう。

3−11. 冷え性による薄毛

冷え性と薄毛って関係あるの?

女性に多いといわれている冷え性、男性でも冷え性の方は結構いるのではないでしょうか。

冷え性って実は薄毛と関係していること、知ってますか?
冷え性は血行障害により、指先や足先が冷えているような感覚になることを言います。

この原因とされているのが、遺伝的要因やホルモンバランスの崩れ、運動不足や不規則な生活などです。

血行障害が起きていると、頭皮への栄養分が十分に行き渡らず、髪の成長が阻害されます。

また、運動不足により頭皮の皮脂が増加したり、不規則な生活により栄養バランスが崩れます。

どれも薄毛の原因に直結することばかりです。
冷え性だな、と感じる方は薄毛の心配もした方がよいかもしれません。

 

3−12. 喫煙による薄毛

タバコと薄毛の関係

タバコが体に良くないということは周知の事実ですね。

タバコの良くない他の点として、別の行動と並行して吸えてしまうことがあります。
お酒を飲みながら、食事をしながら、テレビを見ながら、運転しながらタバコを吸うなど。

例えばアルコールを飲みながら、タバコを吸っている状況は二重に体に良くないです。
実はこれらは全部薄毛の原因になります。
まずタバコを吸うと血行不良を起こします。
これにより、頭皮へ栄養分が行き渡りにくくなり、髪の育成不足になります。

お酒を飲みながらの喫煙アルコールの過度の摂取と多量の喫煙により、血中の栄養不足と血行不良が薄毛の原因になります。

テレビを見ながらの喫煙では運動不足と血行不良が薄毛の原因になるリスクがあります。

どれも日常ではよくある習慣ですが、薄毛を着実に進行させるリスクがあります。

 

3−13. 薄毛を気にしすぎる心労による薄毛

精神的ストレスは過敏に感じていると、円形脱毛症などの病気の原因となります。

個人差はあれど、ストレスの原因を考えるとその数は非常に多いのではないでしょうか。

ストレスを抱えていると、自律神経が乱れ、血行不良を引き起こします。
血行不良は薄毛の原因ともなります。

特に悪い循環は薄毛を気にして余計にストレスを抱えることです。
薄毛を気にする → ストレスになる → 薄毛が進行する → 薄毛を気にする → 以下ループ
このループにはまると、薄毛を改善するまで根本的な解決にならず、なかなか抜け出るのは困難です。

薄毛は気にせず放っておくと進行しますが、薄毛を気にしすぎてストレスになっても進行することになります。
薄毛を受け入れつつ対応もするというのがベストですが、そんなの難しいですよね。

 

3−14. 焦ってシャンプーしすぎることでの薄毛

焦ってシャンプーをすると薄毛の原因になる

髪に付着したチリやホコリや頭皮にある皮脂が毛穴をふさぎ、髪の成長が阻害されることで薄毛の原因になるといわれています。

その対策として、1日に何度もシャンプーする。または1回のシャンプーで何種類ものシャンプーを使う。
そういう対策を取る人はいるのではないでしょうか。

確かに薄毛の原因として、頭皮の皮脂やチリやホコリなどは関係します。
しかし、過剰にシャンプーをしすぎると逆に薄毛を進行させてしまいます。
皮脂は頭皮のバリアみたいなものなので、シャンプーで皮脂を洗い流すと頭皮は無防備な状態になります。
汚れが頭皮に付着しやすくなるのです。

さらに頭皮の皮脂が不足していると、補うために余分に皮脂を分泌します。
また、1日に何度もシャンプーをすると頭皮はバリアなしの状態が長くなり、さらに良くありません。

シャンプーも爪を立てて洗ってしまうと頭皮に傷をつけたり、洗い残しがあると頭皮の炎症の原因にもなります。

薄毛を気にしてシャンプーをしすぎても良いことはありません。

 

3−15. 前頭部が薄毛になる原因

薄毛に光をあててドキ!!!その2やばいでしょ!

前頭部は薄毛の進行がわかりやすい部位の一つです。
男性型脱毛症(AGA)がもっとも多い原因と考えられます。

薄毛進行パターンのいわるゆM型やU字型は前頭部から脱毛がはじまります。
その原因は老化やストレス、生活習慣病と様々です。

対応方法も原因によって異なりますが、まずは規則正しい生活、十分な睡眠、健康的な食生活など、生活習慣を整えることが第一でしょう。
その他の原因としては円形脱毛症や炎症による一時的な脱毛なども考えられます。

 

3−16. 後頭部が薄毛になる原因

後頭部の脱毛は男性型脱毛症(AGA)が原因となることはありません。
後頭部の毛根には、脱毛の原因となるDHTが作用するホルモン受容体がないと考えられているためです。

そうなると、他の原因として「円形脱毛症」や薬液による炎症などが考えられます。
後頭部が薄毛になっている方は、AGAの病院や育毛剤の使用や、生活習慣の改善ではなく、皮膚科などの病院に行って症状を確認しましょう♪

 

3−17. 側頭部が薄毛になる原因

側頭部の脱毛も男性型脱毛症(AGA)が原因となることはありません。
側頭部の毛根には、脱毛の原因となるDHTが作用するホルモン受容体がないと考えられているためです。

そうなると、他の原因として「円形脱毛症」や薬液による炎症などが考えられます。

側頭部、特に耳の後ろなどは洗髪時の洗い残しが多い部分でもあります。
皮脂や汚れが毛穴に詰まると、毛髪の成長が阻害され、脱毛の原因となります。
側頭部が薄毛になっている方も、AGAの治療や育毛剤による改善は期待が薄いので、一度、皮膚科皮膚科などに相談に行かれることをおすすめしています。

 

3−18. 頭頂部が薄毛になる原因

頭頂部が薄毛になる原因

頭頂部は薄毛の進行がわかりやすい部位の一つです。
男性型脱毛症(AGA)がもっとも多い原因と考えられます。

薄毛進行パターンのいわるゆO型は頭頂部から脱毛がはじまります。
その原因は老化やストレス、生活習慣病と様々です。

こちらは「O型の薄毛」とも呼ばれています。

対応方法も原因によって異なりますが、まずは規則正しい生活、十分な睡眠、健康的な食生活など、生活習慣を整えることが第一でしょう。

その他の原因としては円形脱毛症や炎症による一時的な脱毛なども考えられます。

このあと、おすすめの薄毛対策を書いていますので、そちらも参考にしてください。

 

3−19. もみあげが薄毛になる原因

もみあげが薄毛になる原因はわかっていません。
男性型脱毛症(AGA)の脱毛パターンでは側頭部や後頭部に毛髪は残るため、AGAが原因ではないことは推測できます。

そうなると、他の原因として「円形脱毛症」や薬液による炎症などが考えられますが推測の域でしかありません。
もみあげが薄毛になっている方も、一度、皮膚科などの医療機関にて相談することをおすすめしています。

 

3−20. M字型薄毛になる原因

M字型の薄毛の原因

M字型の薄毛は前頭部のこめかみの生えぎわから段々と後退する薄毛です。
男性型脱毛症(AGA)の脱毛パターンのひとつです。

AGAの原因は老化やストレス、生活習慣病と様々です。

M字型薄毛の方に、おすすめの薄毛対策もこちらに書いていますので、ぜひ参考にしてください。

 

3−21. O字型薄毛になる原因

頭頂部が薄毛になる原因

O字型の薄毛は頭頂部のつむじ周辺から段々と後退する薄毛です。
男性型脱毛症(AGA)の脱毛パターンのひとつです。

こちらは頭頂部の薄毛パターンと同じ薄毛になります。

O字型の薄毛のAGAの原因も老化やストレス、生活習慣病と様々だと言われいます。
原因については、医学的な証明がないものの、薄毛が改善されている例など見ると、ご紹介したいおすすめの薄毛対策がありますので、
合わせて、ご覧いただければと思います。

 

3−22. U字型薄毛になる原因

U字に薄毛になる原因

U字型の薄毛は前頭部の中央部分の生えぎわから段々と後退する薄毛です。
男性型脱毛症(AGA)の脱毛パターンのひとつです。

 

 

 

3−23. おすすめの「男性の薄毛の原因」の対策方法

男性の薄毛の解決策

(1)男性から大好評の「育毛剤」を試す。

男性の薄毛対策としてリスクがないしっかりしたものとして、「育毛剤」を思い浮かべる方も多いと思います。
AGAの病院と比べて費用があまりかからないこと、足を運ぶ面倒がないことを考えると「育毛剤」はおすすめになります。
通販で購入できることと、誰かに知られる心配もありません。

コツコツと使っていく必要はありますが、手軽に薄毛予防をしたい方におすすめです。

チャップアップ以外にもおすすめの育毛剤があります!
他の育毛剤も気になった方は「男性用の育毛剤ランキング」もご覧ください!

 

(2)AGAの病院の「無料カウンセリング」を受ける。

まず、一番簡単で早い方法が、AGAの専門病院に行って「無料カウンセリング」を受けることです。
「無料カウンセリング」では生活習慣、食生活、親の髪の毛の状況などしっかりしたカウンセリングを行ってくれます。
AGAの病院ごとに無料カウンセリングの種類は違いますので、いくつか「無料カウンセリング」を受けると良いとハゲランドではおすすめしています。

疑問点など質問することもできるので、ご自分の薄毛に対する疑問など解消されたい方におすすめです!

ハゲランドでは「AGAの病院の無料カウセリングの受け方」を紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

(3)「老化防止」を心がける。

色々な薄毛の原因の中でも大枠で見ると「老化」は薄毛の大きな原因となっています。
老化は身体的な疲れでもあり、日々の生活から身体が疲れる要素を取り除いていくことも、薄毛対策として大切なポイントになります。

何度も繰り返しになってしまいますが、「食生活」「睡眠時間」「適度なスポーツ」などの意識づけは、やはり、薄毛対策としてはおすすめになります。

 

(4)生活からストレスを大幅に軽減する対策をとる。

「男性の薄毛の原因」を調べれば調べるほど、「ストレス」が「薄毛の原因」になっているのではないか。という説が多く信憑性が高いことがわかってきました。

仕事や家庭の人間関係に始まり、世の中には様々な「ストレス」があります。このストレスを軽減する対策を行うことも、薄毛対策になるということを知っておいていただければと思います。

 

(5)AGAの遺伝子検査を受ける。

手っ取り早くおすすめの方法としては、AGAの病院で「遺伝子検査」を受けることも挙げられます。
日本人男性の3分の1は薄毛になると言われていますが、その3分の1に自分が入っているかどうかが、この遺伝子検査で分かります。

大体、何歳くらいで薄毛が始まるかなども分かりますので、本格的な検査だけをしたい方についても、このAGAの「遺伝子検査」はおすすめになります。

ハゲランドでは「AGAの病院の選び方」についても記事を書いていますので、合わせてお読みください。

 

薄毛の原因について他にも記事を書いています。

0、薄毛の原因TOP!
1、気がついて!薄毛の前兆8選!
2、対策が必要な薄毛の原因18選!
3、男性が薄毛になる原因22選!
4、女性が薄毛になる原因16選!
5、子供が薄毛になる原因4選!
6、薄毛の原因が知りたい!薄毛の原因の相談集!

男性が薄毛になる原因22選のアイキャッチ画像