【保存版】男性の薄毛対策<厳選7選!>

男性の薄毛の対策
高井ちゃん
薄毛研究家の高井ちゃんです。
「男性の薄毛対策7選」をご覧いただきありがとうございます。
高井ちゃん
このページでは3段階の薄毛症状に対して、それぞれに効果的な薄毛対策をまとめました。
薄毛の症状は下の3つになります。
まずは、ご確認ください!

段階の薄毛症状

A:【薄毛が気になる人】向けの薄毛対策
B:【薄毛が始まっている人】向けの薄毛対策
C:【薄毛の人】向けの薄毛対策

と薄毛の程度を3段階に分け、
それぞれの薄毛の度合いに合わせた薄毛対策をお伝えいたします。

薄毛対策の目次

薄毛対策のコンテンツマップ!

男性の薄毛対策の目次マップ!

高井ちゃん
興味がある部分から読み始めてくださいね♪

A:【薄毛が気になる人】向けの薄毛対策
1、生活習慣の改善で薄毛対策
1-1、シャンプーを見直す
1-1- 1、薄毛対策になるシャンプーの種類
1-1-2、スカルプケアシャンプー
1-1-3、馬油(バーユ)シャンプー
1-1-4、頭皮に優しい洗い方
1-2、ドライヤーの使い方を見直す
1-3、運動不足を解消する
1-4、肥満にならないようにする
1-5、食生活を見直す
1-6、タバコやめる(減らす)
1-7、ストレスを溜め込まないようにする

2、ストレス軽減で薄毛対策
2-1、職場でのストレス軽減対策
2-1-1、職場の人間関係(精神面)
2-1-2、重責(精神面)
2-1-3、長時間労働、残業(肉体面)
2-1-4、夜勤など不規則な労働時間(肉体面)
2-2、家庭でのストレス軽減対策
2-2-1、夫婦関係
2-2-2、育児、子育て

B:【薄毛が始まっている人】向けの薄毛対策
3、育毛アイテムによる薄毛対策
3-1、育毛剤による薄毛対策
3-2、発毛剤による薄毛対策
3-3、育毛サプリによる薄毛対策

4、AGAクリニックの治療による薄毛対策
4-1、内服薬によるAGA治療
4-1-1、ミノキシジル(ミノタブ)
4-1-2、フィナステリド(薬名:プロペシア)
4-1-3、サガーロ
4-2、外用薬によるAGA治療
4-3、直接投与によるAGA治療
4-3-1、針を使わない直接投与(ノンニードル)
4-3-2、針を使うが痛みが少ない直接投与(メソセラピー)
4-3-3、針を使う直接投与(普通の注射)
4-4、遠隔診療によるAGA治療
4-5、植毛による薄毛治療
4-6、毛髪再生(幹細胞療法)による薄毛対策

C:【薄毛の人】向けの薄毛対策
5、髪型による薄毛対策
5-1、スキンヘッド
5-2、短髪
5-3、ぼうず
5-4、パーマ
5-5、ちょんまげ
5-6、染髪(ヘアカラー)
5-7、デザインカット

6、育毛サロン、発毛サロンによる薄毛対策
6-1、ヘッドスパ
6-2、カツラ(男性用ウィッグ)
6-3、増毛

7、ツールでの薄毛対策
7-1、パウダー&スプレー
7-2、ヘアタトゥー
7-3、帽子

8、薄毛対策のまとめ

===目次はここまでです===

 

高井ちゃん
ふぁお!!!
薄毛対策、、めちゃくちゃたくさんある。全部できないっす!
と、感じる方もいるかと思いますが、必ずしも全ての薄毛対策をする必要はありません。
ご自分の症状に合わせて対策を選んでいただければと思います!

 

A:薄毛が気になり始めた男性のための薄毛対策

「抜け毛が多くなってきた気がする」
「このまま薄毛に進んでしまうのか心配」

まだ薄毛とは言えないまでも、
薄毛や抜け毛が気になり始めた方のための薄毛対策をお伝えしていきます。

生活習慣の改善やストレスを軽減させることで、
薄毛の進行を遅らせたり、回復する可能性もあります
ので、
悲観せず以下で紹介する薄毛対策をまずは実行してみてください。

 

高井ちゃん
薄毛が気になり始めた方は、薄毛研究家の私からすると、全然、薄毛をきにする必要の無い方ばかりです。
なので、まずは、薄毛を気にしない。というところから始めていただきたいです。
高井ちゃん
とはいえ、具体的な薄毛対策も知りたくなるのが普通ですし、知ることで薄毛について考える時間が減ることもあると思いますので、まずはざっと把握いただければと思います。

1、生活習慣の改善による薄毛対策

何気ない生活習慣の中に薄毛の原因が隠れています。
頭皮や毛髪にとってよくないことを無意識にしてしまっている
可能性があります。

ここでは日常の生活習慣をで簡単にできる、
頭皮や毛髪に良い生活を心がけ育毛に繋がる薄毛対策をご紹介していきます。

1-1、シャンプーを見直す

大事な頭皮や毛髪に直接触れるのがシャンプーです。

ドラッグストアのセール品を値段の安さだけを基準に選んでいませんか?
スカルプケアシャンプーや馬油シャンプーを使うことで、頭皮や毛髪をいたわり薄毛対策・育毛に繋げましょう。

1-1- 1、薄毛対策になるシャンプーの種類

薄毛対策になるシャンプーとしてスカルプケアシャンプー馬油シャンプーの2種類のシャンプーを紹介します。

1-1-2、スカルプケアシャンプー

スカルプ(scalp)とは英語で「頭皮」という意味です。スカルプケアシャンプーとは頭皮に優しいシャンプーといった意味になります。

薄毛対策に効果があると言われているスカルプケアシャンプーは多くの商品が販売されています。商品によって「頭皮に優しいもの」「育毛効果のある成分が入っているもの」などそれぞれ特徴がありますのでニーズにあったものをお選びください。

1-1-3、馬油(バーユ)シャンプー

馬油馬油シャンプーも薄毛対策になるシャンプーとして定評があります。広い意味で馬油シャンプーもスカルプケアシャンプーの一種ですが、名前の通り「馬の油」という特殊な成分で商品名にも必ず「馬油」と記載されているので別物として紹介いたしました。

馬油は人の肌に馴染みやすく、薄毛だけでなくフケなどの頭皮環境改善にも効果があると言われています。

 

1-1-4、頭皮に優しい洗い方

シャンプーの種類ももちろん大事ですが、頭皮の乾燥や傷に気をつけ最低限以下の3点を注意してシャンプーをしましょう。

①皮脂が流れて頭皮が乾燥しないように高温は避けぬるま湯で洗う
②爪で頭皮を傷つけないようにする
③シャンプーはしっかり洗い流す

1-2、ドライヤーの使い方を見直す


薄毛の方もそうでない方も、特に男性は短髪の場合、お風呂の後などにドライヤーを使わずに自然乾燥の方も多いのではないでしょうか?

実は自然乾燥は毛髪を痛める原因になります
濡れている時の毛髪は摩擦でキューティクルが剥がれやすい状態のため毛のことを考えると素早くドライヤーで乾燥させることが重要です。

ドライヤーを使う際に注意したい点は、高温で一箇所に当たり続けないようにこまめに動かすこと、ある程度乾いたら送風、または冷風に切り替えることです。
地肌が必要以上に熱を持つと火傷の恐れもありますので気をつけていただければともいます。

1-3、運動不足を解消する

運動不足は薄毛の原因になり得ます

運動を全くしない方は体の血の巡りが悪くなり、身体の先端にある頭皮の血管まで栄養が行き届かなくなり、毛髪に影響を及ぼすことも考えられます。

適度な運動をすることで全身の血行がよくなり、髪の生え替わりサイクルを正常にすることができます。
全く運動をしない方はウォーキングなど簡単な運動を生活に取り入れるなど、運動量を増やすことを意識してみましょう。

1-4、肥満にならないようにする

運動不足にも繋がりますが、肥満も薄毛の原因になり得ます。

肥満は頭皮の脂質を増加させ、毛穴を詰まりやすくするため頭皮の環境を悪化させる毛髪の育成にも悪影響を与えます

肥満の大きな原因としては食生活と運動不足があります。各々、別項目で解決方法をまとめていますので参考にしてください。

1-5、食生活を見直す

他の皮膚や臓器と同じく髪の毛もあなたが食べた栄養素から作られます
バランスの良い食事を心がけましょう。特にビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜やタンパク質などを十分に摂取すると良いでしょう。

外食が多くなると味の濃い食事が多くなり、食生活が乱れ安くなるので気をつけていただければと思います。

1-6、タバコやめる(減らす)

タバコが体に悪くあらゆる病気の発生率を高めることは実証されていますが、薄毛にとっても例外ではありません。

タバコに含まれているニコチンは頭皮の毛細血管を収縮させ末端まで栄養が届かなくなりますので毛根の成長を妨げます。少しでも薄毛の進行を遅らせたいという方は禁煙することをお勧めします。

1-7、ストレスを溜め込まないようにする

ストレスと薄毛は関係ないと思われるかもしれませんが、因果関係はあります。
慢性的なストレス交感神経の緊張状態が続き、頭皮の毛細血管に血液が行き届かなくなり毛が抜け落ちることがあります。(血液が行き届かないということは栄養が届かないことと同じ意味です。)円形脱毛症などが代表例です。

最近ストレスが溜まってるなという方は適度な運動やヘッドスパなどでリラックスしストレスをほぐすようにしましょう。

ストレスについて詳しくは次の項で詳しく説明いたします。

 

高井ちゃん
薄毛を長年研究してきて感じるのは、薄毛に直接的に働きかける原因で一番強くて多いのが、ストレスだと思います。
はやり、このストレスを溜め込まないようにする。という工夫を考えて実行するのが、薄毛を予防するという意味での対策としては、もっとも効果的だと思います。

2、ストレスの軽減による薄毛対策


ハゲランドのこれまでの薄毛調査によると、「ストレス」が多い方は薄毛になりやすい傾向が見られることがわかってきました。
ここでは、男性の薄毛を引き起こしやすいストレス源を大半の人が人生の多くの時間を過ごす「職場」と「家庭」に大きく分類してストレスになりうる原因を列挙しています。
直接的な薄毛対策の内容でありませんが、整理されたストレス源を知ることで避け方、改善方法を思いつくかもしれません。
「こういう日常的なストレスも薄毛に繋がっている可能性もあるのか、注意しよう」と思いながら見ていただければ幸いです。

2-1、職場でのストレス軽減対策

職場のストレスを軽減することによる薄毛対策

職場には精神的、肉体的にストレスがかかるシーンが多く存在します。その中でも知っていれば防げるストレスがかかるシーンについて整理しますので、ご自分のワークスタイルに当てはまるものがないかチェックしてみてください
当てはまるものがあれば、その場面を減らすか避けるかなど、できる対策を練っていただければと思います。

2-1-1、職場の人間関係(精神面)

職場の人間関係には、「上司」「部下」「同僚」「取引先」などがあります。この中でも、ストレスがかかるとされているのが、「上司」と「部下」との人間関係にあると言われています。

上司との人間関係のストレスは仕事における指示、飲み会などの職場外のコミュニケーションの2つがあげられます。

いかがでしょうか。このどちらかにストレスは感じていらっしゃいませんか?心当たりがある方はそのストレスから自分を遠ざけるか、ストレスを軽くするか、ストレスを解消することを工夫してみてください。

2-1-2、重責(精神面)

仕事において仕事の責任も大きなストレスになります。特に、責任感が強い人は仕事の進捗や目標達成に対してストレスを感じやすく、薄毛に止まらず体調を崩してしまう方もいるようです。

仕事への責任感を強く持ちすぎる方は、仕事が上手くいかない時にストレスを溜め込みがちです。

ご自身がストレスが強い職場でも平気で過ごせる人なのか、ストレスに弱い体質なのかも見極めることも大切です。

2-1-3、長時間労働、残業(肉体面)

仕事の種類によっては長時間労働や残業が多い場合があります。たまにであれば大きな問題も少ないですが、いつもこの様な状況が続くと健康を保つことが難しくなってしまいます。

この様な状況の方は薄毛になることが多く、体の疲労感を無視せず休む時は思い切って休むことを心がけてください。

2-1-4、夜勤など不規則な労働時間(肉体面)

生活習慣の部分でも触れましたが、不規則な生活リズムも精神的、肉体的に知らず知らずのうちにストレスがかかります

時間が不規則なお仕事をされている方は、体の疲労感を癒したり、ストレスを解消することを意識していただければと思います。

2-2、家庭でのストレス軽減対策

今の日本では家庭における男性のストレスも実は強いと言われています。

家族に言わせればそんなことは問題でなかったとしても、家庭のストレスが原因で体調を崩したり、それが原因で薄毛になることは全くないと否定することはできません
では、どのようなストレスが家庭にあるのかチェックしていきましょう。

2-2-1、夫婦関係

夫婦関係において男性がストレスを抱えた結果薄毛になってしまうことがあります。

職場のストレス同様、溜め込んでしまう前に気持ちを楽にさせる工夫があると良いでしょう。

 

2-2-2、育児、子育て

イクメンブームにのって男性にも育児ストレスがかかってしまっているのが現代です。

近年は核家族での生活が進み、祖父母が孫の面倒を見ることが少なくなり、思っている以上に父親母親への子育ての負担がかかってきています。

保育園の待機問題も社会問題になっていますが、育児や子育てに外部のサービスを検討するなどして、抱え込みすぎないのが大切な解決策になりそうです。

 

.

.

B:薄毛が始まっている男性のための薄毛対策

高井ちゃんの薄毛を違う角度からどうぞ。
高井ちゃん
ここから先は自他共に「薄毛が始まっている」と認められる方向けの薄毛対策です。
高井ちゃん
ちまたでは、育毛剤は薬が入っていないから効かないなど言われることがありますが、実際のところは効果が出ているという事例も耳にします。

ここから先は斜に構えず、とりあえず試してみるくらいの気持ちで、どんどん取り組んでいただきたいです。

3、育毛アイテムによる薄毛対策

育毛アイテムによる薄毛対策
高井ちゃん
まずは育毛アイテムですね。育毛アイテムにもいくつか種類がありますので、まずは、把握するつもりで読んでださい!

病院の処方箋なしでドラッグストアやネットなどで購入できる育毛アイテムが育毛剤、発毛剤、育毛サプリです。近年、特に育毛剤の人気が高まっています。
※育毛剤と発毛剤は混同しやすいので用途の違いにご注意ください。

3-1、育毛剤による薄毛対策

育毛剤は医薬部外品なので副作用がない成分が利用されています。
育毛剤は文字通り「育毛」をする目的ですので無い毛を生やすことはできません(×0→1)。
産毛として毛根がある髪の毛や、弱ってしまってはいるが毛根がある髪の毛を、元気に成長させる効果はあると言えます。

しかし、育毛剤は相性などにより効き目に個人差がありますので、よく育毛剤の説明を読んで使い方や効き目など把握してから利用することが大切です。

薄毛治療(AGA治療)専門のクリニックで治療を受けるまでは薄毛じゃないけど、今から薄毛予防をして起きたい。という方は育毛剤を使うことが多いです。

3-2、発毛剤による薄毛対策

発毛剤(リアップなど)は育毛剤とは違い「医薬品」の分類になりますので、副作用が発生するリスクはあることをご注意ください。
具体的には「ミノキシジル」「フィナステリド」といった成分が入っているかどうかが、育毛剤と発毛剤の違いになります。

新しく毛の本数を増やしたい薄毛の方にはおすすめの薄毛対策になります。

3-3、育毛サプリによる薄毛対策

育毛サプリは文字通りサプリ(錠剤タイプ)です。
毛の発育に良い成分を体の内側に補充することで育毛を促進します。外側から直接頭皮に着ける育毛剤と組み合わせることでより効果が上がると言われています。

髪の毛の元となる成分は、ビタミン、アミノ酸、亜鉛(ミネラル)と言われています。育毛サプリの主成分もこれらで構成されていると考えていただければ良いと思います。

高井ちゃん
本当に効果がある薄毛対策は、薄毛治療(AGA治療)専門のクリニックで治療を受けることなのですが、病院で治療を受けることに抵抗がある方や、そこまで本格的な治療ではなく予防がしたいという方が、育毛アイテムを使う傾向があります。
そう考えると、副作用の心配がなく手軽に使える育毛剤がおすすめになります。

4、AGAの病院の治療による薄毛対策

薄毛対策として育毛剤と並んで最もメジャーなのがAGA治療です

CMなどでご覧になったことがある方は多いかと思いますが、AGA治療がどういったものかご存知でしょうか?

英語でAndrogenetic Alopeciaといい日本語では「男性型脱毛症」となります。
男性ホルモンのバランスの崩れにより発毛のサイクルが狂うことが原因の薄毛とされています。

ここで薄毛治療(AGA治療)に使われる薬を紹介していきます。
※これらの薬は必ず薄毛治療(AGA治療)の病院の処方に沿って服用してください。

薄毛治療(AGA治療)の治療薬は「内服薬」「外用薬」「直接投与」の3種類があります。

4-1、内服薬によるAGA治療

AGA治療に使われる内服薬は錠剤になります。主な種類は3つで「ミノキシジル」をタブレット型にした「ミノタブ」、「プロペシア」、「ザガーロ」です。

4-1-1、ミノキシジル(ミノタブ)

ミノキシジルはもともと血管拡張薬としてアメリカで開発され、育毛効果が認められている薬です。現在では薄毛治療によく使われている定番の成分です。

血流をよくすることで頭皮の毛細血管に送られる血流を活発にし発毛を促す効果のある外用薬です。

4-1-2、フィナステリド(薬名:プロペシア)

前立腺肥大治療薬として開発されたフィナステリドは、現在ではAGAの原因になる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の抑制を抑える薬としてAGA治療で使われています。

フィナステリド成分を含んだものとしてプロペシア(医師の処方の元入手可能)という商品が有名です。プロペシア以外にもジェネリック医薬品としてフィナステリド成分を含んだ商品はいくつかあります。想定されている副作用としては性欲減衰、勃起不全などが挙げられます。

※フィナステリドがED(勃起不全)の原因になるかどうか。について別記事を作りましたので、合わせてお読みください。

AGAの病院で治療薬を飲むとED(勃起不全)になるって本当ですか?

4-1-3、サガーロ

サガーロは2016年から日本で販売開始された新薬です。もともとは前立腺肥大症の薬として使われてきました。フィナステリドと同じく薄毛の原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きをします。

プロペシアよりも効果が高いとも言われておりサガーロに乗り換える薄毛治療者も多くいるようです。

4-2、外用薬によるAGA治療


AGA治療に使われる外用薬の成分は内服薬の内容とほぼ変わりません。

服用して体全体に成分を行き渡らせるか、つけることでその部分だけに成分を染み込ませるかの違いになります。

 

4-3、直接投与によるAGA治療


内服薬で体内に入れるか、外用薬で頭皮に浸透させるか、薬を直接投与するかで薄毛治療をおこなります。

直接投与をするときのポイントは「痛み」です。治療を受ける患者の立場からすると、注射をするとなると、痛みや血がでるリスクや緊張感から、直接投与の治療をさける方が多いです。

このことから、ノンニードル(針を使わない)直接投与や、メソセラピー(痛くない注射)による直接投与の薄毛治療(AGA治療)が開発されてきました

内服薬だけで効果がでるというドクターもいますし、直接投与はやったほうがよいというドクターもいるので、直接投与の治療を行うかどうかはよくよく検討いただければと思います。

4-3-1、針を使わない直接投与(ノンニードル)

超音波やレーザーを使って薬を頭皮に浸透させていく治療法です。針を使わないので痛みがない直接投与による治療です。

4-3-2、針を使うが痛みが少ない直接投与(メソセラピー)

細い注射針を用い頭皮に有効成分を注入します。麻酔や冷却で痛みを感じにくくしますが多少の痛みはあるようです。

4-3-3、針を使う直接投与(普通の注射)

レーザーなどを利用して頭皮に注入する方法もあります。こちらは針を使わないので痛みがないというメリットがあります。

※ノンニードルの注射方法の分かりやすい動画がありましたので、ご覧ください。

高井ちゃん
「AGAの治療は注射をしないといけないのか?」と効かれることが多いですが、色々調べてみると、直接投与(注射など)は効果性を早めるのが役割なので、僕の意見としては注射は打たなくても効果は出るのではないかと思います。まずは、内服薬(飲み薬)だけから始めるでも良いのかなと思います。

4-4、遠隔診療によるAGA治療

高井ちゃん
さて、2017年あたりから話題になりだした遠隔診療です。

この遠隔診療が出てくる前は、AGAの治療薬を手に入れる方法は、AGAの病院で処方してもらう以外は、個人的に海外からAGAの治療薬を仕入れる危険な方法しかありませんでしたが、遠隔診療が出てきて病院に通わなくても、AGAの治療薬を手に入れることができるようになりました。今後、人気が高まりそうです。

一般にAGAのクリニックは都心に多いため、地方に住まれている方は治療を受けに通院することが困難な場合があります。

最近は遠隔診療を取り入れている薄毛治療(AGA治療)の病院が増えていたり、遠隔診療専門の病院も多数登場しています。

処方薬も郵送が可能な病院もあるとのことです。

忙しくて通院の時間がない方や、遠くて通院が困難な方に向いていると言えます。
また、薄毛治療というのは精神的な負担が強い治療なので、通院という行動自体が精神的な体力を要することがあります。人と対面せずに薄毛治療(AGA治療)を受けたい方にとっても遠隔診療は画期的な薄毛治療と言えます。

4-5、植毛による薄毛治療

植毛は自分の後頭部やサイドの毛が多い部分から頭皮を切り取り薄毛になっている場所に移植する方法です。自毛ではなく人口の毛を移植する方法もありますが副作用などもあり自毛植毛が一般的です。

自毛植毛の主な方法は、後頭部の毛根が強い部分の毛根を毛根がなくなってしまった箇所に移植するという方法です。

4-6、毛髪再生(幹細胞療法)による薄毛対策

毛髪再生は薄毛対策の新技術として注目を集めています。すでに行われている代表的な治療として、グロスファクター法、HARG(ハーグ)療法、脂肪幹細胞療法などがあります。

 

 

高井ちゃん
そして最後は、薄毛が始まっている方でなく、もう薄毛になって数年たっていたり、薄毛とともに人生を歩んでいる方向けの薄毛対策です。
高井ちゃん
毛根も少なめの方が多いと思います。その方向けの対策をまとめていきます。

.

.

C:薄毛の男性のための薄毛対策

薄毛に光をあててドキ!!!
高井ちゃん
髪型、染髪による薄毛対策ということは、髪の毛を増やすという薄毛対策でなく、今の薄毛をどう活かしていくか?という薄毛対策になります。
高井ちゃん
薄毛やハゲを問題視していなく、むしろ活かしたいという方におすすめの薄毛対策になります。

5、髪型、染髪による薄毛対策

薄毛対策と言えば、「毛を増やす」対策を考えがちですが、育毛、発毛には時間がかかります。

今持っている毛を活かしたり、目立たなくするのが髪型による薄毛対策です。髪型を変えるだけで薄毛の印象を大きく変えることができます。ぜひ床屋や美容院で相談してみてください。

5-1、スキンヘッド

スキンヘッドはどのタイプの薄毛の方でも目指せる髪型です。
客観的にはファッションか薄毛になってきたからスキンヘッドにしたのかを見分けることはできないというのもポイントです。

また、美容室などで髪型を整えると、どうしてもある程度のお金がかかりますが、スキンヘッドは自分でカミソリで処理することが多いので、お金がほとんどかからないというのもポイントです。

5-2、短髪

薄毛だと認識がある方に最初におすすめしたい髪型が短髪です。芸能人でも所ジョージ、竹中直人、渡辺謙、などは薄毛にも関わらず短髪にすることで、むしろおしゃれ度に磨きをかけてします。

ハゲランドの薄毛の研究家の高井ちゃんも薄毛になってからは短髪にしています。

5-3、ぼうず

ぼうずも短髪と同じように薄毛男性におすすめの髪型です。

髪の毛が薄くなってから髪の毛を伸ばして、薄いところを伸ばした髪の毛で補おうとすると、より残念な感じが出てしまうので、全体的に短くして清潔感を作るのが良いと思います。

細かい部分は頭の形などもありますし、美容師に相談してかっこいいぼうずを作っていくのが良いと思います。

美容室で単発にしてもらい、ご満悦の様子の高井ちゃん。

美容室でぼうずにしてもらい、ご満悦の様子の高井ちゃん。

 

5-4、パーマ

ある程度、長さ、量ともに残されている方でしたら、パーマでボリュームを作ることもおすすめです。ただし、頭皮、毛ともにダメージは多かれ少なかれ避けられないのでやり過ぎには注意しよう。

5-5、ちょんまげ

ちょんまげは前方が薄くなってきた方におすすめです。ハゲランドのハゲタレントのたけちゃんは、ちょんまげを目指して側頭部と後頭部の髪の毛を伸ばしています。

5-6、染髪(ヘアカラー)

薄毛がカラーリングをしてオシャレに!?カラーで薄毛を目立たなくすることも可能です。
一般には頭皮に近い色(肌色)に近いほど薄毛は目立ちにくく、肌色から離れるほど薄毛は目立ちやすくなります。

ですので黒髮よりは茶髪や金髪にすると頭皮との対比で薄毛を目立たなくすることが可能です。

ただしパーマ同様ダメージには注意しましょう。

5-7、デザインカット

ここまででは、薄毛にオススメの髪型、染髪をご紹介してきましたが、スキンヘッド、ぼうず、ちょんまげなど仕事の関係などでそこまで思い切って短くはできない方におすすめなのが「デザインカット」です。

デザインカットという髪型があるわけではありませんが、ポイントは美容室や床屋で、正直に「薄毛が気になるので目立たないようにしたい」と伝えることです。美容室や床屋はカットのプロですので薄毛を目立たなくするカットの仕方を心得ています。自分から伝えないことで美容室や床屋の方も気を遣って薄毛に触れないことも多いかと思いますが、自分から薄毛について切り出すことで髪の毛や頭皮に関する色々な相談やアドバイスも受けやすくなるでしょう。

高井ちゃん
ハゲタレントのたけちゃんが「薄毛に似合う髪型」についてまとめていますので、こちらもご覧ください。

「薄毛に似合う髪型」を10年間試行錯誤してきた薄毛の神様が行き着いた理想の髪型とは?

 

6、育毛サロン、発毛サロンによる薄毛対策

高井ちゃん
サロンのご紹介もさせていただければと思います。主な方法はカツラや増毛など外的要因による薄毛対策になります。

育毛サロンとは医師による医療行為を行わない、薄毛対策を行える場所という広い意味でここでは使っています。「4、病院やクリニックでの治療による薄毛対策」は医師による治療であるという点で今回の育毛サロン、発毛サロンとは区別しております。

6-1、ヘッドスパ


ヘッドスパは「ヘッドスパ専門サロン」や「スカルプヘッドスパサロン」で受けることができます。ヘッドスパを提供している美容院もあります。

ヘッドスパは薄毛対策になりますが、他にも、肩こり、眼精疲労の解消、顔のリフトアップ、リフレッシュ、睡眠改善など多くの効果があります。ストレスを軽減するという意味でも薄毛対策になるかと思います。

ヘッドスパが薄毛対策になる直接的な理由は、頭皮の皮脂環境の改善、毛穴の汚れ・詰まりの除去ができることと、頭皮や顔全体の血行が促進され栄養が頭皮の毛細血管にまで行き届くことで、正常な発毛を促進できるからといえます。

6-2、カツラ(男性用ウィッグ)

カツラは薄毛を隠すものとして昔からある一般的な薄毛対策です。
一部「ダサい」「バレるのでは」というネガティブイメージもありますが、カツラの技術は一昔前と比べて格段に上がってますので、しっかりとしたカツラサロンに行くとしっかり丁寧に対応してくれます。

カツラの種類も豊富であらゆる薄毛の程度(全体カツラ、部分カツラ)や、ご予算(フルオーダー、セミオーダー、既製品)に合わせて様々な選択肢があります。

薄毛治療や育毛剤を使う事には抵抗があるけど、髪型の工夫による薄毛対策では物足りたいと感じる方には、カツラはおすすめになります。

6-3、増毛

増毛や育毛や発毛とは異なり人工的な毛をつけることで薄毛を目立たなくする方法です。カツラとの違いは自分で取り外しができないという点です。

今ある髪に結びつけるエクステンションや頭皮に特殊なシートを貼り付ける方法などがあります。お風呂や激しいスポーツなどしても外れたり蒸れにくいようになっていることも薄毛対策として増毛という選択肢を選ぶ大きなメリットです。

 

 

7、ツールでの薄毛対策

高井ちゃん
病院やサロンに通うのが面倒な方に対して、ツールで手軽にちょいちょいと薄毛対策したい方におすすめです。

どうしても薄毛が気になる方、手っ取り早く薄毛を目立たなくしたい方、薄毛を隠したい方に対する薄毛対策として手軽にできるツールをご紹介します。

7-1、パウダー&スプレー

ヘアパウダーは薄毛を自然に目立たなくする一番手軽な方法です。
パウダーを毛が薄くなっている部分にふりかけることで、残っている毛にパウダーが付着しボリュームアップ、さらに頭皮そのものにも付着し黒くなることで薄毛を目だなくすることができます

パウダーによってはスプレーで固めるもの、ブラシなどで馴染ませるだけで良いものがあります。

7-2、ヘアタトゥー

ヘアタトゥーは文字通り頭皮に本物の毛とわからないようなリアルなタトゥーを入れることで、毛根はあるけどスキンヘッドにしている印象を持たせる方法です。

7-3、帽子

帽子を被って薄毛を隠すという薄毛対策です。

帽子で薄毛対策をするときのコツは、薄毛対策の為に帽子を被っているというていではなく、おしゃれのために帽子をかぶっているていにすることです。

帽子をずっと被ってると薄毛の原因になるという噂もありますが、科学的に実証されたものではなく、むしろ帽子を被っていない方が直射日光による紫外線や熱の影響で頭皮に悪いとも言われています。

 

8、薄毛対策のまとめ

高井ちゃん
いかがでしたでしょうか。
男性における薄毛対策の全体感は把握いただけましたでしょうか。
高井ちゃん
このページは新しい薄毛対策が出てきたら、内容を更新していきたいと思っていますので、何度でも見にきていただければと思っています。

薄毛対策についてこれまで研究・調査したことをまとめてみました。まずはご自身がどのステージにあるのか?ということを念頭において対策を講じていただければと思います。

A:【薄毛が気になる人】向けの薄毛対策
B:【薄毛が始まっている人】向けの薄毛対策
C:【薄毛の人】向けの薄毛対策

また、ご自身の薄毛の症状に対する薄毛対策がしっくりこない時は、症状を無視して目次全体から自分自身にしっくりくる方法を試していただけたらと考えています。

1、生活習慣の改善で薄毛対策
1-1、シャンプーを見直す
1-1- 1、薄毛対策になるシャンプーの種類
1-1-2、スカルプケアシャンプー
1-1-3、馬油(バーユ)シャンプー
1-1-4、頭皮に優しい洗い方
1-2、ドライヤーの使い方を見直す
1-3、運動不足を解消する
1-4、肥満にならないようにする
1-5、食生活を見直す
1-6、タバコやめる(減らす)
1-7、ストレスを溜め込まないようにする

2、ストレス軽減で薄毛対策
2-1、職場でのストレス軽減対策
2-1-1、職場の人間関係(精神面)
2-1-2、重責(精神面)
2-1-3、長時間労働、残業(肉体面)
2-1-4、夜勤など不規則な労働時間(肉体面)
2-2、家庭でのストレス軽減対策
2-2-1、夫婦関係
2-2-2、育児、子育て

3、育毛アイテムによる薄毛対策
3-1、育毛剤による薄毛対策
3-2、発毛剤による薄毛対策
3-3、育毛サプリによる薄毛対策

4、AGAクリニックの治療による薄毛対策
4-1、内服薬によるAGA治療
4-1-1、ミノキシジル(ミノタブ)
4-1-2、フィナステリド(薬名:プロペシア)
4-1-3、サガーロ
4-2、外用薬によるAGA治療
4-3、直接投与によるAGA治療
4-3-1、針を使わない直接投与(ノンニードル)
4-3-2、針を使うが痛みが少ない直接投与(メソセラピー)
4-3-3、針を使う直接投与(普通の注射)
4-4、遠隔診療によるAGA治療
4-5、植毛による薄毛治療
4-6、毛髪再生(幹細胞療法)による薄毛対策

5、髪型による薄毛対策
5-1、スキンヘッド
5-2、短髪
5-3、ぼうず
5-4、パーマ
5-5、ちょんまげ
5-6、染髪(ヘアカラー)
5-7、デザインカット

6、育毛サロン、発毛サロンによる薄毛対策
6-1、ヘッドスパ
6-2、カツラ(男性用ウィッグ)
6-3、増毛

7、ツールでの薄毛対策
7-1、パウダー&スプレー
7-2、ヘアタトゥー
7-3、帽子

例えば、すでに薄毛が進行している方に対しては、薄毛治療(AGA治療)や自毛植毛などを薄毛対策としておすすめしがちですが、今一度、生活習慣を見直し生活を整えることで、気持ちや考えが落ち着きご自身らしい判断ができるようになる。ということもあります。

また、薄毛対策は一つだけ行うというよりは、色々と平行して試していくのも効果的です。生活習慣を見直しながら育毛剤を使うなど組み合わせて薄毛対策をしてみてはいかがでしょうか。

他の薄毛メディアで「薄毛対策」についてどのような情報提供をしているか勉強しているときに、症状別に薄毛対策を説明する必要性を感じ、今回の「【保存版】男性の薄毛対策7選!」を書かせていただきました。

内容は多岐に渡りますが、読者のみなさんにとって大切な情報は、症状別の一部の薄毛対策になります。ざっくりと全体を把握いただいた後は、どの対策に取り組むのか考える為に、ご自身の薄毛症状にマッチしている部分を読み込んでいただければと思っています。

この記事が読者のみなさんの薄毛対策のサポートになることを願っています。最後までお読みいただきありがとうございます。

男性の薄毛の対策